佐藤駿の全日本2019!動画、結果、プロトコル(得点詳細)、エキシビション

こんにちは、さややです。
ジュニアグランプリファイナルで初出場・初優勝した佐藤駿(さとうしゅん)選手、ジュニア世界最高得点255点を叩き出し、全日本選手権での活躍も期待されています。
当ブログでは、佐藤駿選手の全日本選手権と今季の軌跡を、どこよりもわかりやすくお届けします!



佐藤駿、2019シーズンの軌跡、4回転ルッツを習得してジュニアグランプリファイナル優勝!

佐藤駿(さとうしゅん)選手はライバルの鍵山選手とともに、関東から全日本ジュニア、ジュニアグランプリシリーズと、今季ジュニアの表彰台を総なめにしてきました。
8月の関東サマートロフィーから…

ジュニアグランプリシリーズ今季初戦のアメリカ大会でいきなり優勝。世界の注目を集めます。

そして、ジュニアグランプリファイナルで4回転ルッツを決めて、ジュニア世界最高得点を出し、優勝しました!4回転ルッツを決めたのは、羽生結弦選手に続いて、日本人2人目となります。

仙台市出身、5歳から羽生結弦選手と同じリンクで練習していた佐藤駿選手、羽生選手とトリノで再会、優勝を祝福されます!

こどものときに羽生選手からもらったペンダントを試合の時かならず身につけているそうです。

その強みはやはり卓越したジャンプ力。
常に羽生選手の映像をみてジャンプを研究しているそう。
4回転サルコウ、4回転トゥループ、4回転ループに加えて、今年は4回転ルッツを習得!

シニアの全日本選手権は2018年が初出場、12位でした。
今年はさらに上位をめざせると思います!試合が楽しみです。



佐藤駿、全日本2019、ショートプログラム 動画、結果、プロトコル(得点詳細)

4番滑走の佐藤駿選手、曲は「Arrive des Comionneurs」。ジャズのリズムに乗ってスタート。

トリプルアクセルをきれいに決めて、3回転ルッツ+3回転トウループも着氷しました。なんと最後のジャンプに4回転トウループを入れ、きれいに降りました!

スピードもリズムも素晴らしく、演技が魅力的!これはまさに逸材ですね。

ショートプログラムの得点は82.68点(技術点47.62点、演技構成点35.06点)で3位!

表の1行目が得点詳細です。

(左から)順位、選手名、所属、合計得点、技術点、演技構成点、スケート技術、つなぎ、パフォーマンス、振り付け、曲の解釈

すべての要素がクリーンでGOE(出来栄え点)にマイナスがありません。きれいな採点表です!

そして、5番目の3回転ルッツを4回転トゥループに変更して成功!
1本で13点を稼いでいます!

表彰台にのるかもしれません!複数の4回転を飛ぶフリーが見逃せませんね~

フジテレビ公式から動画をどうぞ!素晴らしい演技です。

テレビ放送予定、日程についてはこちらの記事をどうぞ。



佐藤駿、全日本2019、フリー動画、プロトコル(得点詳細)

佐藤選手、フリー演技163.82点。合計246.50点で堂々の5位入賞です!
惜しくも表彰台は逃しましたが、快挙です。

フリー演技の詳細を見てみます。

冒頭4回転ルッツに挑戦しましたが、転倒してしまいます。でもミスはココだけ。

次の4回転トゥループは連続ジャンプが3回転から2回転になりましたが、美しい着氷で決めています。
他の要素はすべて予定通りの構成で、すべてGOE(出来栄え点)がつくみごとな演技でしたね!

演技を動画でもぜひどうぞ!

尊敬する羽生選手にちなんで、曲は「ロミオとジュリエット」。
羽生選手は新しい映画のロミジュリでしたが、佐藤選手はクラシック映画のロミジュリ。まったく同じ曲にしないところがつつましやか。



佐藤駿、全日本2019のエキシビション!

エキシビション「全日本フィギュア メダリストオンアイス」に世界ジュニア選手権代表として出場しました!

テレビ放送は12月29日です!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク