鍵山優真(ゆうま)、全日本2019、3位!速報、結果、プロトコル(得点詳細)、エキシビション

こんにちは、さややです。
ジュニアグランプリファイナルへ出場した鍵山優真(かぎやまゆうま)選手、16歳。全日本ジュニア選手権で250点を叩き出し、全日本選手権での活躍も期待されています。
当ブログでは、鍵山優真選手の全日本選手権と今季の軌跡を、どこよりもわかりやすくお届けします!



鍵山優真、2019シーズンの軌跡、4回転トゥループを習得してジュニアの表彰台を総なめ!

鍵山選手は、ライバルの佐藤駿(さとうしゅん)選手とともに、関東から全日本ジュニア、ジュニアグランプリシリーズと、今季ジュニアの表彰台を総なめにしてきました。
8月の関東サマートロフィーから…

ジュニアグランプリシリーズ今季初戦のフランス大会でいきなり優勝、常に表彰台に乗る安定感でした。
そして、全日本ジュニア選手権で鍵山選手はISU非公認ながら、ジュニア世界最高得点250.01点をマーク!

ジュニアグランプリファイナルへ進んだ鍵山選手ですが、ショートプログラムで崩れてしまい、無念の4位。表彰台を逃してしまいます。

その強みは安定感と豊かな表現力。

フリーの冒頭、軽快なステップから4回転トゥループ。膝が柔らかく、踊り心があるのでステップにも見ごたえが。すべての要素にGEO(出来栄え点)がつくほどです。

シニアの全日本選手権は2018年が初出場、トータルで216.36点を獲得し、大健闘の6位入賞でした。
今年はさらに上位をめざせると思います!試合が楽しみです。



鍵山優真(かぎやまゆうま)、速報、全日本2019、ショートプログラム結果、プロトコル(得点詳細)

鍵山選手、トリプルアクセルにまさかのミスでゼロ点に。

そのあと、3回転を4回転トゥループにしてリカバーにつとめたものの、トリプルアクセルの穴は大きく、77.41点でまさかの7位に。

表の1行目が得点詳細です。

(左から)順位、選手名、所属、合計得点、技術点、演技構成点、スケート技術、つなぎ、パフォーマンス、振り付け、曲の解釈、減点、#滑走順

鍵山選手は今季、安定していたので、トリプルアクセルが抜けたのはホント、びっくりしました。

そのあと、引きずらないでまとめたのは、精神力がやっぱり強い証だなと!

テレビ放送予定、日程についてはこちらの記事をどうぞ。



鍵山優真、速報、全日本2019、フリー結果、プロトコル(得点詳細)

鍵山選手、合計257.99点で総合3位、ジュニアとして宇野昌磨選手以来の表彰台です!
ショートプログラムでミスして、まさかの7位から巻き返してきました。

フリー演技の得点詳細です。フリーの順位は宇野選手につづく2位

すさまじいのは、予定の演技構成をすべてクリーンにこなしていること。

4回転+2回転コンビネーションジャンプでGOE(出来栄え点)が3.39も!!
4回転2本、トリプルアクセル2本という高難度の構成、スピンがすべてレベル4、演技構成展が81.48点と、スコアだけ見ていたら、とても16歳のジュニアとは思えません。

シニアのトップ選手並みですよ!いやはやすごい。

ショートプログラムでトリプルアクセルを決めてたら、合計で260点越していたでしょうから、強さがケタはずれ!

表の1行目が得点詳細です。

(左から)順位、選手名、所属、合計得点、技術点、演技構成点、スケート技術、つなぎ、パフォーマンス、振り付け、曲の解釈、減点、#滑走順

ジュニアグランプリファイナルでの悔しさが晴らせたかな?

代表に決まっている世界ジュニア選手権での鍵山選手の活躍がいっそう楽しみになりました。


鍵山優真、全日本2019のエキシビション!

※エキシビション「全日本フィギュア メダリストオンアイス」は12月23日夜におこなわれます。鍵山選手は出場します♪

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする