宇野昌磨、復活の全日本2019、優勝!衣装、結果、プロトコル(得点詳細)、エキシビションまで!

こんにちは、さややです。
コーチ不在でスタートした今シーズン、思わぬ不振に陥った宇野昌磨(うのしょうま)選手。ロシア杯で浮上のきっかけを得て練習に打ち込んでいるとのこと、その演技に注目が集まっています。
当ブログでは、宇野選手の全日本選手権と今季の軌跡を、どこよりもわかりやすくお届けします!



宇野昌磨、戸惑いの2019シーズンの軌跡

コーチ不在でスタートした今シーズンの宇野選手。

表現者として大人になっていくのには必要なステップだと考えていましたが、グランプリシリーズ、フランス杯まさかの8位と試練のシーズンとなりました。

ロシア杯では4位まで戻してきましたが、シニアに上がって初めてグランプリファイナルを逃すという、思わぬ事態に。

東海クラブ卒業の理由について考えた記事はこちらです。

11月ロシア杯のあとも、じっくりとスイスのランビエールコーチのもとで練習し、ジャンプの調子も戻してきた新生・宇野昌磨。

最近のインタビューではふっきれたような明るい笑顔が見られました。

これは全日本選手権での仕上がりがめっちゃめっちゃ楽しみ!

今シーズンのプログラム曲はと振り付けについてはこちらの記事をどうぞ。

シーズンはじめの「ジャパンオープン」の番宣で宇野選手とネイサンが語った4回転アクセルについての記事です。

今はこのときよりもはっきりと、宇野選手には4回転アクセルとか、高難度ジャンプではなく、自分のプログラムを魅せてほしい、納得のいく演技をしてほしいと思いますね〜
あ〜〜全日本選手権が楽しみ!

全日本フィギュア、公式練習で宇野が明かしたランビエールコーチに就任!



宇野昌磨、速報、全日本2019、ショートプログラム結果、プロトコル(得点詳細)

宇野選手のショートプログラム、得点は105.71点!国内大会でISU非公認ながら、自己ベストを出して、2位になりました(技術点58.78点、演技構成点46.93点)。

表の1行目が得点詳細です。

(左から)順位、選手名、所属、合計得点、技術点、演技構成点、スケート技術、つなぎ、パフォーマンス、振り付け、曲の解釈、減点、#滑走順

今年の全日本選手権はすごい大会になりました。

宇野選手は、4回転フリップを美しく決めたあと、4回転トウループのコンビネーションはなんとかセカンドを2回転つけて着氷。トリプルアクセルもきれいに降りて、ダイナミックなイーグルにつなげると、場内はヒートアップ。

後半は場内の熱い手拍子と一体になり、大きく身体を使ったステップでフィニッシュ!

会心の演技で力強いガッツポーズ、終わった瞬間、引き込まれるように観客は総立ちになり歓声を送りました。

そのなかで、両手をあげて飛び跳ねる宇野選手。

一段上のステージに上がった感じです。

選手がベストを尽くして到達した演技。それに酔いしれる会場の興奮がなかなか収まらず、幸せな時間でした。

これだから、フィギュアスケート観戦はやめられません!

4回転フリップ、トーループの4―2回転、トリプルアクセルを決めて演技後は右拳を振り下ろし、激しくガッツポーズ。「細かい気持ちとか関係なしに、うれしい」。明るい表情に充実感がにじんだ。

メインコーチ不在の今季序盤は苦しんだ。フランス杯では8位に沈み、1人で座ったキス&クライで号泣。その後、スイスに渡り、来年から正式に師事するランビエル氏の元で練習を積んだ。

氷上で汗を流す中、気づいたことがある。「練習で失敗することがあるのに、試合で失敗したらすごく落ち込む。練習で一度も失敗しないところまでいってから、失望するべき。高望みしすぎている」。思考が変わり、本来の動きを取り戻した。

4連覇を狙って、22日のフリーでは羽生に挑む。「明日(21日)の練習を頑張って、試合も頑張って、楽しかった、うれしかったと思えたらいいですけど、ここに戻ってこられて良かった」。

(スポニチアネックス2019年12月20日 22:15)

宇野選手、完全復活ですね〜〜!スケートを愛する気持ちが蘇ってきたみたい。

フリーの演技が楽しみ。ワクワクします!



宇野昌磨、全日本でショートプログラム、フリーともに衣装を変更!

宇野昌磨、全日本でショートプログラム新衣装!

シルエットはいままでと同じ全身つながっている形(つなぎというかワンピースというか)、肩から腰までビジューがきらめく衣装ですが、色が濃いワインレッドに変わっていました!

素材感も変わっているような感じ(スポニチさんから写真をお借りしています)

男子SP、演技を終えガッツポーズをする宇野昌磨(撮影・小海途 良幹)Photo by スポニチ

会場で見た感じでは、衣装はまだ検討段階かな?と感じました。

グレスピはフィギュアスケートには珍しい曲調。ユーロトランスで原始的というか野生的な感じなので、どんなテイストの衣装にしたらしっくりくるのか、悩むのはわかります。

演技が落ち着いてきたので、3月の世界選手権までに決まればいいかな?

個人的にグレスピ衣装で好きなのは、このバージョン。
野性味と洗練が同居していて、かっこいいと思います!

読売新聞 on line

グレスピ衣装はどこに着地するんでしょうか?

宇野昌磨、全日本でフリー新衣装!

公式練習で新衣装をまとっていました!
上半身がグレイッシュなブルーで、左半身にカットが入っています。アシンメトリーなデザインですね。これはかっこいい!!!

後ろ姿

背中にもカッティングが入っています。これは演技を見るのが楽しみです!

テレビ放送予定、日程についてはこちらの記事をどうぞ。



宇野昌磨、速報、全日本2019、フリー結果、プロトコル(得点詳細)

宇野昌磨選手、フリー184.86点、合計290.57点で優勝!
羽生結弦選手を破っての優勝は初めて!

フリーではジャンプが着地で姿勢を崩しそうになって踏ん張るところが何度が見られて、GOE(出来栄え点)は宇野選手としてはやや低め。でもGOEがマイナスになったのは3回転ループだけでほかはすべてプラス、予定の構成をしっかりこなして高得点を出しました!

4回転はフリップとトゥループ2本を入れています。

ジャンプの着地がクリーンでなかったので、まだまだ「完全復活」とはいかないのですが、終始笑顔で、とても生き生きと滑っている宇野選手が見られて、本当に良かった。

滑る楽しさを感じているようで、こちらもうれしくなりました。

3月の世界選手権まで調整してさらに磨きをかけてくる宇野選手がとても楽しみです!

優勝、おめでとうございます!!


宇野昌磨、全日本2019のエキシビション!

※エキシビション「全日本フィギュア メダリストオンアイス」で、宇野選手は「ラ・ビアン・ローズ」を滑りました。

ゆったりとした曲調に、重厚なスケーティングをいかした長いターンが美しかったです!

今日もいい笑顔で滑っていて、宇野選手の心境があらわれていました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。