宇野昌磨、全日本フィギュア!衣装、結果、プロトコル(得点詳細)、エキシビションまで!

こんにちは、さややです。宇野昌磨(うのしょうま)選手を語るうえで逃せないのが、2019年6月、コーチ不在でスタートし、予想以上の不振に。そしてランビエールコーチと組むことで鮮やかな復活をとげた2019シーズンですね。

新型コロナでのブランクを経て、どんな演技を見せてくれるのか、2020初戦となった全日本選手権は注目です!
当ブログでは、宇野選手の全日本選手権と2019から2020の軌跡を、どこよりもわかりやすくお届けします!



スポンサーリンク

宇野昌磨、全日本フィギュアが2020シーズン初戦に!

宇野昌磨、グランプリシリーズも中止で10ヶ月ぶりの試合

2020年から本格的にランビエールコーチのもと、スイスに拠点をおいて練習を始めた宇野選手ですが、春の新型コロナ感染拡大で世界選手権は中止、日本に帰国を余儀なくされました。

しかし、リンク閉鎖で氷に乗れない間も、自宅トレーニングの他に、

youtubeに公式チャンネルを開設「宇野昌磨アップロードチャンネル」(まんまの名前)したり、

プロのゲーマーさんとyoutube番組で対戦したり(ゲームファンの方が「マジ強い」って言ってくれてました)

さまざまな顔を見せてくれていました。

そして秋には無事、スイス・シャンペリーへ戻り練習を再開。

しかし、エントリーしていたグランプリシリーズ・フランス大会が中止になるなど、競技に迎えない日々が続いていました。

そしてやっと、出場する全日本選手権が開催されます!!

2月のチャレンジ・カップ(オランダ)から10ヶ月ぶりの試合。

アイスショーもすべて中止になっていたので、観客の前で滑ること自体も10ヶ月ぶり。

こんなにブランクが開くのは選手になってから初めてではないでしょうか?



宇野昌磨、全日本フィギュアが2020シーズン初戦に!

ファンはもちろん、宇野選手も待ち望んでいた試合だったとのことで、24日の公式練習ではニコニコ笑顔が。

左はチームメイトの島田高志郎(しまだこうしろう)選手、右はランビエールコーチと・

見ているこっちもホントに嬉しくなってしまいますね。

選手が元気で充実した演技をしてくれるのが、スケートファンにとってはいちばん幸せだな〜〜って感じます。

そういうときの演技って心に響くんですよね。

順位は関係ない、ずっと記憶に残るプログラムになります。

24日の公式練習の写真を毎日新聞がまとめてくれました。

新型コロナ感染拡大にならないよう、カメラマンは代表で撮影、インタビューはリモートだそうです。

宇野昌磨、全日本フィギュア2020、速報、結果、プロトコルは?

ショートプログラム3位

冒頭の4回転が気持ちよく決まったところ、次のジャンプでまさかの転倒、セカンドジャンプが入れられず、単独ジャンプとなりました。トリプルアクセルは成功。
演技前後には「試合に出られてうれしい」という言葉通り、くったくのない笑顔が見られました。

スケートをすることを楽しんでいる、そう感じられる表情です。

フリー2位 190.59点

4回転3種4本、トリプルアクセル2本。

ショートプログラムでもそうでしたが、冒頭のジャンプを軽やかに決めたあとに、「ふっ」と4回転が抜けてしまいました。

でも今日はしっかりリカバリー。

まさかの後半に4回転トゥループ2本投入です!

演技内容よりもなによりも。

昌磨くんがずっと幸せそうな笑顔で滑っていたのに引き込まれてしまいました。

Twitterの応援メッセージでも「試合で笑ってる!昌磨くんが笑ってる」って書かれているくらい、いつも真剣そのものの顔で演技しているイメージが。

こんなに柔らかい表情をする、内面もきっと柔らかい人なんだな、と。

本来のこの自分にたどり着くために、ホントに2019年の迷走は必要だったんだな〜と感じました。

いいもの見ました。

スケートも軽くてなめらかで素晴らしかった。

合計 284.81点で2位

男子シングルの滑走順や演技時間など、競技の結果はこちらの記事でまとめています。



宇野昌磨、エキシビションはオーボエ・コンチェルト

2020年メダリスト・オン・アイスでは新エキシビションナンバーを披露。

「オーボエ・コンチェルト」、ギリシャ彫刻を思わせるドレープの衣装、落ち着いたオーボエの音色にあわせて伸びるスケーティングがいっそう美しかったです。

宮本賢二振付。宮本先生、選手のあらたな表情を引き出すのがホントに上手。

試合ではずっと笑顔で幸せそうにしていたので、キリッとした表情は久しぶりでドキッとしました。男前〜〜
でも終わったあとはまたふにゃっとしたかわいい表情に。

今季の宇野選手はギャップがいっそう激しくなって魅力が増してますね!
ギャップ萌えしてたのは私だけではなかった…


GIFや写真でのツイートありがとうございます!動いているとギャップの激しさが一層際立ちますねw

宇野昌磨、フリーの曲は?2020シーズンは継続プログラム

宇野選手の2020シーズンはショート、フリーともに、昨季のプログラムを演じます。

【ショートプログラム】
曲目:Great Spirit
振付師:シェイリーン・ボーン

【フリースケーティング】
曲目:Dancing on my own
アーティスト:Calum Scott
振付師:David Wilson

どっちもめちゃいいプログラムなので、「継続してくれてうれしい!!」というファンの声多数です。

昨季はグランプリファイナルと世界選手権に出場がなかったので、とくにフリーは「完成形」が見られなかったな、という思いもあります。


なので、この「去年のまんまです」がうれしいですよ〜

プログラム曲と振り付けについて、くわしくはこちらの記事をどうぞ。

宇野選手自身が「ランビエールコーチのもとでいい練習がつめている」と繰り返し語っているので、全日本での演技が楽しみです!



宇野昌磨、戸惑いの2019シーズンの軌跡

コーチ不在でスタートした2019ー20シーズンの宇野選手。

表現者として大人になっていくのには必要なステップだと考えていましたが、グランプリシリーズ、フランス杯まさかの8位と試練のシーズンとなりました。

ロシア杯では4位まで戻してきましたが、シニアに上がって初めてグランプリファイナルを逃すという、思わぬ事態に。

東海クラブ卒業の理由について考えた記事はこちらです。

11月ロシア杯のあとも、じっくりとスイスのランビエールコーチのもとで練習し、ジャンプの調子も戻してきた新生・宇野昌磨。

最近のインタビューではふっきれたような明るい笑顔が見られました。

これは全日本選手権での仕上がりがめっちゃめっちゃ楽しみ!

復調ぶりやランビエールコーチとの絆についてはこちらの記事にくわしくまとめました。

シーズンはじめの「ジャパンオープン」の番宣で宇野選手とネイサンが語った4回転アクセルについての記事です。

今はこのときよりもはっきりと、宇野選手には4回転アクセルとか、高難度ジャンプではなく、自分のプログラムを魅せてほしい、納得のいく演技をしてほしいと思いますね〜
あ〜〜全日本選手権が楽しみ!



宇野昌磨、2019年全日本フィギュアのまとめ

公式練習で宇野が明かしたランビエールコーチに就任!



宇野昌磨、速報、全日本2019、ショートプログラム結果、プロトコル(得点詳細)

宇野選手のショートプログラム、得点は105.71点!国内大会でISU非公認ながら、自己ベストを出して、2位になりました(技術点58.78点、演技構成点46.93点)。

表の1行目が得点詳細です。

(左から)順位、選手名、所属、合計得点、技術点、演技構成点、スケート技術、つなぎ、パフォーマンス、振り付け、曲の解釈、減点、#滑走順

今年の全日本選手権はすごい大会になりました。

宇野選手は、4回転フリップを美しく決めたあと、4回転トウループのコンビネーションはなんとかセカンドを2回転つけて着氷。トリプルアクセルもきれいに降りて、ダイナミックなイーグルにつなげると、場内はヒートアップ。

後半は場内の熱い手拍子と一体になり、大きく身体を使ったステップでフィニッシュ!

会心の演技で力強いガッツポーズ、終わった瞬間、引き込まれるように観客は総立ちになり歓声を送りました。

そのなかで、両手をあげて飛び跳ねる宇野選手。

一段上のステージに上がった感じです。

選手がベストを尽くして到達した演技。それに酔いしれる会場の興奮がなかなか収まらず、幸せな時間でした。

これだから、フィギュアスケート観戦はやめられません!

4回転フリップ、トーループの4―2回転、トリプルアクセルを決めて演技後は右拳を振り下ろし、激しくガッツポーズ。「細かい気持ちとか関係なしに、うれしい」。明るい表情に充実感がにじんだ。

メインコーチ不在の今季序盤は苦しんだ。フランス杯では8位に沈み、1人で座ったキス&クライで号泣。その後、スイスに渡り、来年から正式に師事するランビエル氏の元で練習を積んだ。

氷上で汗を流す中、気づいたことがある。「練習で失敗することがあるのに、試合で失敗したらすごく落ち込む。練習で一度も失敗しないところまでいってから、失望するべき。高望みしすぎている」。思考が変わり、本来の動きを取り戻した。

4連覇を狙って、22日のフリーでは羽生に挑む。「明日(21日)の練習を頑張って、試合も頑張って、楽しかった、うれしかったと思えたらいいですけど、ここに戻ってこられて良かった」。

(スポニチアネックス2019年12月20日 22:15)

宇野選手、完全復活ですね〜〜!スケートを愛する気持ちが蘇ってきたみたい。

フリーの演技が楽しみ。ワクワクします!



宇野昌磨、全日本でショートプログラム、フリーともに衣装を変更!

宇野昌磨、全日本でショートプログラム新衣装!

シルエットはいままでと同じ全身つながっている形(つなぎというかワンピースというか)、肩から腰までビジューがきらめく衣装ですが、色が濃いワインレッドに変わっていました!

素材感も変わっているような感じ(スポニチさんから写真をお借りしています)

男子SP、演技を終えガッツポーズをする宇野昌磨(撮影・小海途 良幹)Photo by スポニチ

会場で見た感じでは、衣装はまだ検討段階かな?と感じました。

グレスピはフィギュアスケートには珍しい曲調。ユーロトランスで原始的というか野生的な感じなので、どんなテイストの衣装にしたらしっくりくるのか、悩むのはわかります。

演技が落ち着いてきたので、3月の世界選手権までに決まればいいかな?

個人的にグレスピ衣装で好きなのは、このバージョン。
野性味と洗練が同居していて、かっこいいと思います!

読売新聞 on line

グレスピ衣装はどこに着地するんでしょうか?

宇野昌磨、全日本でフリー新衣装!

公式練習で新衣装をまとっていました!
上半身がグレイッシュなブルーで、左半身にカットが入っています。アシンメトリーなデザインですね。これはかっこいい!!!

後ろ姿

背中にもカッティングが入っています。これは演技を見るのが楽しみです!

テレビ放送予定、日程についてはこちらの記事をどうぞ。



宇野昌磨、速報、全日本2019、フリー結果、プロトコル(得点詳細)

宇野昌磨選手、フリー184.86点、合計290.57点で優勝!
羽生結弦選手を破っての優勝は初めて!

フリーではジャンプが着地で姿勢を崩しそうになって踏ん張るところが何度が見られて、GOE(出来栄え点)は宇野選手としてはやや低め。でもGOEがマイナスになったのは3回転ループだけでほかはすべてプラス、予定の構成をしっかりこなして高得点を出しました!

4回転はフリップとトゥループ2本を入れています。

ジャンプの着地がクリーンでなかったので、まだまだ「完全復活」とはいかないのですが、終始笑顔で、とても生き生きと滑っている宇野選手が見られて、本当に良かった。

滑る楽しさを感じているようで、こちらもうれしくなりました。

3月の世界選手権まで調整してさらに磨きをかけてくる宇野選手がとても楽しみです!

優勝、おめでとうございます!!


宇野昌磨、全日本2019のエキシビション!

※エキシビション「全日本フィギュア メダリストオンアイス」で、宇野選手は「ラ・ビアン・ローズ」を滑りました。

ゆったりとした曲調に、重厚なスケーティングをいかした長いターンが美しかったです!

今日もいい笑顔で滑っていて、宇野選手の心境があらわれていました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。



スポンサーリンク