フラット八戸へのアクセス・座席・設備は?ホテルは?リンクの動画が公開、全日本ジュニア2020開催決定!

こんにちは、さややです。八戸の通年アイスアリーナ「FLAT HACHINOHE(フラット八戸)」で、2020年全日本ジュニア選手権の開催が決定になりました!最新設備を備えた会場です。
当ブログでは、FLAT HACHINOHE(フラット八戸)内の多目的アリーナ「フラットアリーナ」への全国からのアクセス・座席やホテルなど、アイスショー遠征に役立つ情報を、どこよりもわかりやすくお届けします!



ページコンテンツ

フラット八戸(フラットアリーナ)リンクの動画が公開!アイスショーで多彩な演出が可能な設備が

最先端のLEDアリーナ照明器具照明が設置されドラマチックな観戦に

フラット八戸の照明デザインを担当したPanasonicの動画を見つけました。

リンクや座席などアリーナ室内の様子がよくわかります。

室内は黒がベースでかっこいいデザインですね〜

アイスホッケーチーム「東北フリーブレイズ」のメインアリーナとして使用されるということで、いままでのアイスアリーナとはまったく雰囲気が違います。シャープでスタイリッシュな内装になっています。

客席にもしっかり段差がついていてリンクが見やすそう。

そして、最先端のLEDアリーナ照明器具照明が設置されているそうです。

パナソニックは、地域密着型多目的エリア「FLAT HACHINOHE(フラット八戸)」に、LEDアリーナ照明器具を納入。ドラマティックな観戦体験をするための照明環境を実現しました。観客に照明の眩しさを感じさせず、競技フィールドを浮かび上がらせることで、音楽ライブのステージのような、観客と競技プレイヤーを共に盛り上げる感動空間をつくります。

黒い室内で白いリンクが浮かび上がる照明デザインになっていて、演技にすごく集中できますね。

プロジェクションマッピングも

プロジェクションマッピングをアリーナ面全面に投影できる設備もあるそうで、「氷艶」のように背景を映し出すアイスショーでの演出が可能になりますね。

青森県は公共施設を民間と連携して作るのが上手で、最先端のデザイナーを採用した施設づくりをしています。その結果、スタイリッシュでかっこいいセンスのものを作っているんですよね。そんな流れをフラット八戸にも感じます。



フラット八戸で全日本ジュニア選手権2020が開催!

日本スケート連盟から、全日本ジュニア選手権(11月21〜23日)がフラット八戸で開催されることが発表になりました!
これはビッグイベントが入りましたね。楽しみ!

FLAT HACHINOHE(フラット八戸)へのアクセス

フラット八戸は東北新幹線八戸駅から徒歩2分

FLAT HACHINOHE(フラット八戸)はJR東北新幹線八戸駅前の再開発地域にあります。

新幹線の駅から徒歩2分!これは遠征組に最高に便利ですね!

Google Mapで検索するときに注意!

八戸には「FLAT」という飲食店もあります。
さっき検索したら、この店が地図上にプロットされてしまい、そちらの場所を記事にしてしまうところでした(汗)
フラット八戸はまだオープン前の施設なので、Google Mapでは表示されないようです。
みなさんも気をつけてくださいね!




FLAT HACHINOHE(フラット八戸)への全国からのアクセス、東京、名古屋、大阪からはどう?札幌、九州は?

フラット八戸にいくなら、うえにも書いたように東北新幹線の駅が目の前ですので、東北新幹線で行くがいちばんオススメ!

東京駅からの630kmを、東北新幹線「はやぶさ」号で2時間50分程度で着いちゃいます。

フラット八戸の最寄り空港は、三沢空港になりますね。

羽田(3便)、大阪(1便)、札幌(1便)と本数が少なくて使いにくいと思います。ちなみに三沢空港から本八戸駅前までは、連絡バスで約55分かかります。

東京からFLAT HACHINOHE(フラット八戸)へのアクセス、オススメは?(関東甲信越までふくむ!)

東京在住者だけではなく、関東甲信越からは、東北新幹線「はやぶさ」号に乗っていくルート一択です!

コレ以外のルート、たとえば新潟から羽越本線に乗って秋田をめざすルートもありますが、時間がかかってしまい、現実的ではないと思います。

東京駅、上野駅、または大宮駅のどれか、自宅から近い駅から乗車ください。

名古屋からFLAT HACHINOHE(フラット八戸)へのアクセス、オススメは?

名古屋方面からも、東海道新幹線に乗り、東京駅で東北新幹線「はやぶさ」号に乗り換えて八戸駅に行くのがおすすめです。




大阪からFLAT HACHINOHE(フラット八戸)へのアクセス、オススメは?

大阪方面になると移動距離が1000km超えてしまうので、飛行機も選択肢に入りますね

飛行機利用で3時間10分(大阪(伊丹)から三沢(八戸)までのフライト所要時間1時間45分+連絡バス約55分+フライト待ち時間30分ていどの計算)

新幹線利用だと6時間くらいかかります(「のぞみ」2時間30分+「はやぶさ」2時間50分+乗り換え時間30分ていどの計算)

新幹線だとさすがに時間がかかってしまいますね。フライト時間がちょうどよければ飛行機がラクそうです。

でも、新幹線は東京駅で乗り換えるだけなので荷物が多い人や高齢者には快適かとおもいます。

札幌(北海道)からFLAT HACHINOHE(フラット八戸)へのアクセス、オススメは?

北海道方面からフラット八戸に行くには、札幌(丘珠空港)から飛行機か、新函館駅から東北・北海道新幹線を使うかの2択です。

札幌(丘珠空港)から三沢空港:2時間30分(フライト時間1時間00分+連絡バス約55分+フライト待ち時間30分ていど)

新函館駅から八戸駅:1時間30分

札幌か新函館駅か、近い方を選んで行かれるとよいでしょう。

九州からFLAT HACHINOHE(フラット八戸)へのアクセス、オススメは?

これは飛行機と新幹線を組み合わせて移動になります。

羽田空港まで飛行機

羽田空港から東京駅へ移動

東京駅で東北新幹線「はやぶさ」号に乗り換えて八戸駅へ

このルートがおすすめです!




FLAT HACHINOHE(フラット八戸)の座席・キャパ・設備は?

フラット八戸の収容人数は?

アイスホッケー会場として使用して約3,500人。

アイスショーはここに仮設席(氷上席)が追加されるでしょうから、4000人前後と想定されますね。

フラット八戸のトイレ・ロビーなどの施設は?

1階

FLAT X(フラットクロス)が入口・ロビーのスペースになります。

入場の際は、FLAT X(フラットクロス)から入って、左右の階段から2階の客席にのぼり、座席に向かうようですね。

トイレは、リンクの一辺側に設置されています。

個数はまだわかりませんが、リンクの長さ(国際規格60m)いっぱいなので、個室数はけっこうありそうです。ちょっと安心。

2階

2Fコンコース・2Fウィングが通路ですね。

その通路から座席へ降りていく新横浜スケートセンターのような構造です。

2階は左上にトイレがありますが、数は少なめですから、1階に降りて利用することになりますね。

2Fウィングに仮設席が設置できるそうです。




FLAT HACHINOHE(フラット八戸)のホテル、宿泊事情は?

八戸市は青森県東部の中核都市です。

ホテルが集中しているのはどこ?

フラット八戸のある東北新幹線八戸駅周辺と、八戸市の市街地である本八戸駅周辺にあります。

宿泊するならフラット八戸のある東北新幹線八戸駅周辺で探すのが便利ですが、この辺が満室で取れなかったら、本八戸駅周辺で探してみましょう!

アイスショーのあと、居酒屋に繰り出して…という楽しみは、本八戸駅周辺のほうがオススメです。八戸は港が近いので、北国のおいしいお魚が食べられますよ〜!

本八戸駅までは5.4km、電車で8分です。

シティホテル、ビジネスホテルの名前を一覧でのせておきます。

東横INN八戸駅前
スマイルホテル八戸
Dormy Inn Honhachinohe Hot Springs
ホテルパールシティ八戸
ホテルマリンキャッスル
ホテルイルヴィアーレ八戸
スーパーホテル八戸長横町
ホテルグローバルビュー八戸アネックス
ホテルテトラ八戸
グランドサンピア八戸
八戸パークホテル
ホテルルートイン本八戸駅前
ホテル メッツ 八戸
グランパークホテルパネックス八戸
Selecte In Hachinohechuo
シティパーク ホテル八戸
ホテルオーシタ
八戸プラザホテル
イマルカ八戸
Grand Aomori
Il Viale Hachinohe Annex
ぴかぴかの宿 民宿石橋
ホテルリバティヒル
八戸ワシントンホテル
八戸シーガルビューホテル




フラット八戸、こけら落としスターズ・オン・アイス2020八戸公演は中止に!

新型コロナウィルス感染症による外出自粛の影響でスターズ・オン・アイスは中止になりました。出演スケーターが超豪華メンバーだったので、ホントに残念です。

フラット八戸のアクセスや座席のまとめ

・アクセスは東北新幹線八戸駅から徒歩2分。

・キャパは約3,500人(アイスホッケー会場として使用)、アイスショーでは氷上席で増設される見込み。

・周辺は再開発地域なので、当面、食糧などは駅で調達していくのがおすすめ。

・ホテルは、フラット八戸のある東北新幹線八戸駅周辺と、八戸市の市街地である本八戸駅周辺にある。本八戸駅周辺の方が海の幸を満喫できる居酒屋などが豊富。

・最先端のLEDアリーナ照明器具照明やプロジェクション・マッピング対応プロジェクターが設置されている。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。



スポンサーリンク