紀平梨花のコーチ変更、ランビエールからオーサーへ!その狙いは?濵田コーチとは?

紀平梨花(きひらりか)選手が北京五輪のシーズンに、練習拠点をふたたび変更!

2021年3月世界選手権が「ひさしぶりにフィギュアスケートの試合見た」という人には、紀平選手のコーチが男性に変わっていて驚いた人もいるでしょう。
スイスに拠点を置く、ランビエールコーチです。

そして、2021年9月、紀平選手がカナダへ拠点を移すと発表、羽生選手も籍をおくクリケットクラブです。

当サイトでは紀平選手の新コーチについて、どこよりもわかりやすくお届けします!





スポンサーリンク

紀平梨花のコーチが男に?これは誰?

ひさしぶりにフィギュアスケートの試合を見た人は、得点を待つキス&クライで、紀平選手の隣に男性コーチが座っているのを見て「あれ?」と思った人もいるかもしれませんね!

「紀平のコーチってあの女性コーチじゃなかったっけ?有名な人」って。

マスク姿だし、「これ誰?」って思った人も多そうです。

こちらは、元銀メダリストの、ステファン・ランビエールコーチです。

ランビエールコーチは、スイスのシャンペリーという山の町に拠点をおいてフィギュアスケート選手育成をしています。

選手が何十人もいるような大きなクラブではなく、どちらかというと小さなクラブです。

しかし、2019年に不振にあえいでいた宇野昌磨(うのしょうま)をサポートし、みごと復帰に導いたことはスケートファンの間で大きな話題になりました。

宇野選手がスイスに拠点を移してから、とてもイキイキと練習に打ち込んでいるのを見ると、「クラブは大きければいいんじゃないんだな、その選手に向いた練習環境があるんだな」と感じます。

銀メダリストの宇野選手がまさかのグランプリファイナル予選落ちになったシーズンを、くわしく知りたい方は、こちらもどうぞ。

現在、シャンペリーには、日本人選手が3人います。島田高志郎(しまだこうしろう)選手がいちばん長く、16歳で単身スイスに渡り、現在5年目です。

ランビエールコーチの現役時代について、まとめた記事はこちらです。




紀平梨花 コーチ変更はいつ?

2020−21年シーズンが始まった2020年7月、ISU(国際スケート連盟)が公表するバイオグラフィーで、紀平のコーチが変更されていました。

(スケートファンがいう「バイオグラフィー(バイオ)」とは、ISUが発表する各選手の身長や得点記録、練習拠点やコーチなどの記録をまとめたページをさします)

公になったのはこのときですね。

Coach: Stéphane Lambiel, Mie Hamada

コーチ:ステファン・ランビエール、濱田美栄(はまだみえ)

と、5歳から師事していた濱田コーチの名前の前に、ランビエールコーチの名前がのっていて、スケートファンもびっくりしました。

紀平梨花 ブライアン・オーサーへコーチ変更!

2021年シーズンの試合が本格的に始まる9月8日、紀平選手がこれからはカナダの「チーム・ブライアン・オーサー」の指導の下でトレーニングを行うと発表されました!

「チーム・ブライアン・オーサー」には、羽生結弦(はにゅうゆづる)、ジェイソン・ブラウンらトップスケーターが在籍しています。

また練習設備がたいへん素晴らしいことでも知られています。

「多くのトップスケーターを輩出してきたブライアン・オーサー・コーチと彼のチームの指導の下、2022年北京冬季五輪を目指すこととなり大変うれしく思います。また、練習場所となるトロントクリケットクラブは、素晴らしい施設を備えた、恵まれた環境なので、1日1日を大切に練習を積み重ねていきたいと思います」

紀平選手のコメント(日刊スポーツ)

昨年、スイスに拠点を移したばかりなので、続けて今年も移籍とは、正直びっくりしました。

昨年、オーサーコーチへ師事したいとの意向があるとの噂もあったので、それがかなったということなのかしら。

9月21日、紀平選手がクリケットクラブでの写真を公開しました〜!
元気そうですね!楽しみ。


美しい4回転ジャンパーである羽生選手がチームメイトになるというのは、4回転ジャンプを安定させたい紀平選手には魅力でしょう。

「チーム・ブライアン・オーサー」についてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事もどうぞ!




紀平梨花のコーチ、濱田と確執のウワサは?

スケートを始めた5歳のときから指導をあおいできた濱田美栄(はまだみえ)コーチとはどうなっているのでしょう。

この写真は2019年の全日本選手権のキス&クライでの紀平と濱田コーチ。

2020年に公表されたバイオ(前述)の所属先が「関西大学KFSC(関西大学カイザーズクラブ)」ではなくなったことで、一部メディアでは、紀平サイドと濱田コーチとの不仲がささやかれたりしてファンを心配させました。

しかし、2020年12月、全日本選手権のリンクサイドで、ランビエールコーチと並んで、笑顔で紀平を送り出す濱田コーチの姿が見られました。

これは、ショートプログラム開始前の画像です。

左から、ダウン・コートを着ているのが濱田コーチ、中央がランビエールコーチ。

二人が紀平選手の両手をとって励まして、紀平選手も二人を信頼がこもった目で見つめています。

「確執」とか「不仲」とかでこんな表情ができますか?




紀平梨花のコーチが男性に変更、女性コーチはどうなったの?まとめ

紀平選手は2020年、日本でも有数のスケートクラブである、関西大学KFSC(関西大学カイザーズクラブ)を離れて、スイスに練習拠点を移しました。

しかし、ISU(国際スケート連盟)のバイオでも公表されているとおりに濱田コーチとの師弟関係は継続していて、全日本選手権の様子をみると関係もよさそう。

ランビエールコーチのもとスイスで練習を積んでいるなか、ジャンプ練習のため、アメリカ・コロラドにも滞在するなど、「自分に必要な練習環境」を求めて活動している。

ということがわかりますね!

フィギュアスケートのコーチってどんな役割があるのかな?って興味が湧いた方はこちらの記事をどうぞ。荒川静香がトリノ五輪で金メダルを取ったときにコーチがどのようにアドバイスしたか、赤裸々に話していますよ〜

2020シーズン、初めての公式戦となる全日本選手権で、4回転サルコウを成功させ、見事に優勝!

ロシア女子選手と戦う準備は万端と言えます。
世界選手権が楽しみですね〜〜

紀平選手は衣装もいつも素敵です。当サイトの人気記事もどうぞ。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。



スポンサーリンク