樋口新葉、007スカイフォール・世界選手権(2018)を忘れない!動画も

こんにちは、seenoです。
平昌オリンピック代表の座を惜しいところで逃した樋口新葉(ひぐちわかば)選手。大学生となって、グランプリシリーズに挑んでいます!
当ブログでは、フィギュアスケート選手のいまを、どこよりもわかりやすくお届けします!



グランプリシリーズ 2019、樋口新葉(ひぐちわかば)フランス大会、放送は?

テレビ朝日

11月1日(金) よる11時〜 男子ショート
11月2日(土) よる9時30分〜 女子ショート/男子フリー
11月3日(日) あさ4時30分〜 女子フリー

BS朝日

11月3日(日)よる10:30~ エキシビション 生中継
11月4日(月)よる7:00~ 男女ショート
11月5日(火)よる7:00~ 男女フリー

フランス大会、樋口新葉と女子シングルのみどころ

スケートアメリカでの順位は、樋口選手は6位でしたが、ショートプログラムではノーミスで3位になるすばらしい出来でした!演技後のガッツポーズに手応えがあったことが感じられますね。

この大会でもロシア女子が立ちはだかりますが、実力をしっかり発揮してほしいですね。

コストルナヤはチャレンジャーシリーズ「フィンランディア杯」で優勝したロシアの女子選手。4回転こそ飛ばないものの、今季からトリプルアクセルを入れてきました。そして彼女の強みはなんといってもその美しい演技。

「フィンランディア杯」のショートプログラム77.25点は世界歴代4位の記録、フリーではトリプルアクセルを2本入れてきました。1本は回転不足になりましたが、それ以外は素晴らしい出来で、 157.59点。合計234.84点は、世界歴代3位の記録です。

ちなみに、もうひとりのザギトワ選手の自己ベストは238.43点でこちらは世界歴代2位の記録です。昨年前半は調子があがらなかったザギトワですが、後半から調子をあげてきていています。

ロシア女子の壁はスケートアメリカにつづき、めっちゃ高いですが、活躍に期待します!




樋口新葉の動画、世界選手権の007スカイフォール!忘れられないこの曲の振付

樋口選手は東京生まれ。3歳の時に母親の勧めでスケートを始めた。4歳から現在も師事する岡島功治コーチのもとで練習を積んできました。

速いスケートとダイナミックなジャンプで早くから頭角をあらわしています。

2014-15シーズン、中学2年生でジュニアから推薦出場した全日本選手権では、初出場にして3位。の中学2年生で表彰台は2004年大会の浅田真央(あさだまお)さん以来です。世界ジュニア選手権で、自己ベストを更新して銅メダルとなります。

2015-16シーズンには、女子シングルで史上5人目となる3回転ルッツ-3回転ループのコンビネーションを成功させています。全日本選手権では銀メダル。世界ジュニア選手権ではフリーでは3回転ルッツ-3回転トウループを演技後半に成功させるなど、自己ベストを更新、2年連続の3位となるなど、快進撃を続けました。

高校に進んだ2016-17シーズン、シニアへ移行。全日本選手権では宮原知子に次ぐ、二年連続の2位となるも、世界選手権では11位。

2017-18シーズン、平昌オリンピックの最終代表選考会となる全日本選手権で、SPでは2回転アクセルが1回転となるジャンプミスが響いて4位に。翌日の公式練習中ジャンプの着氷時に右足首を故障、フリーは痛み止めを服用して出場。怪我の影響もあってか、3回転サルコウが2回転となる失敗が出るなど5位、総合でも4位に留まってしまいます。

平昌オリンピックの女子シングル日本代表選考では、グランプリシリーズで実績を残した樋口選手と、全日本選手権で2位に入った坂本花織(さかもとかおり)選手と、どちらが選ばれるか注目を浴びましたが、坂本選手が代表となり、樋口選手は落選。悔しさのあまり号泣したそうです。

しかし、これまでの実績も評価されて、2年連続で世界選手権への派遣が決定しました。

世界選手権2018のフリーでほぼ完璧な演技を披露して2位、初の銀メダルに輝きます。

代表作、世界選手権2018のフリー「007スカイフォール」


ダイナミックでかっこいい!このプログラムの樋口選手はほんとにイキイキしてて、見ていて気持ちがいいですね。オリンピックにいけない悔しさをぶつけたかのような。

このプロの振付は、シェイリーン・ボーンさん。本人もかっこいい女性です。




樋口新葉と池江璃花子、ともにオリンピックをめざす親友

競泳の池江璃花子選手とは、連絡を取り合って、お互いを励まし合う親友です。

多忙を極める日常でも、必ず向かう場所がある。それは白血病で闘病中の競泳女子の池江璃花子(18=ルネサンス)の病床だ。忘れもしない2月12日。池江が白血病を公表し、樋口は「その発表で知りました」。競技こそ違うが、頻繁に連絡を取り合い、刺激し合う親友の急変にショックを受けた。あれ以降、会える時間は減った。それでも近況を報告し合い、池江の状態が安定した時にお見舞いに行くという。

2人が共有してきた時間は濃い。樋口が出場した18年3月の世界選手権。SPで転倒した後、池江からの激励メールに奮起した樋口がフリーで挽回。銀メダルに輝いた。樋口が東京辰巳国際水泳場にかけつけた同年4月の競泳日本選手権では、池江が日本記録を連発。その姿に感動した樋口は涙した。2人で乗り越えてきた思い出は数え切れない。

ともに刻む時計の針は、現在進行形で進む。樋口は「(池江が)公式サイトで発表した通りなんですけど…」といい、映画や塗り絵、パズルをしながら闘病する池江の姿を見てきた。「今はあまり(池江と)話せない。なんと声をかけていいか分からない」。その場にいて力になれない自分がもどかしい。それでも同じ空間にいるだけで、池江の気持ちが痛いほど分かる。「本当につらそう。だけど、それを見て頑張りたいと思う」。親友の今を知るからこそ、樋口も今を全力で生きる。

(スポニチアネックス 2019年5月24日)

20年東京五輪と22年冬季北京五輪が2人が目指す“約束の場所”としたこの記事。

ともに世界の一線で戦うからこその絆ですね。




樋口新葉の2019年はバード・セット・フリー、ポエタ!動画も

2019年、樋口選手の新プログラムです。

ショートプログラム:オーストラリアの歌手シーアの『バード・セット・フリー』

振付:シェイ=リーン・ボーン氏

リズミカルな曲に、樋口選手の疾走感のあるスケートが似合いますね!

心に訴えかけてくる重厚なサウンドのSPについて、樋口は「振り付けの先生から提案してもらった曲で、昨年からずっと気になっていて、今年になって『やっぱりこれがいいな』と思って使うことにしました。演技内容としては、もがき苦しんでいるところから、自由に跳べるようになることを意識しながら、それをイメージして作ってもらいました。実際の演技構成も、連続3回転ジャンプまですごく苦しいんですけど(笑)、それを跳び終わったあとはちょっと自由に滑る感じで、それをステップのところで表現できたらいいなと思っています」と説明した。

(web sportiva 2019.07.25)

フリーは『ポエタ』 振付:マッシモ・スカリ

『ポエタ』は、フィギュアスケートではおなじみの曲。とくにトリノ五輪銀メダルのステファン・ランビエールさんが十八番とする演目でもあり、プレッシャーがありそうですね。

詩情がありながらも、中盤のフラメンコがキレよく踊れるとすてきなプロになりそう!

夏にマッシモ・スカリさんと振付のブラッシュアップした映像がきています。


今季と、このプログラムにかける思いが伝わりますね。

試合結果を順次追加していきます!

スケートアメリカ 2019、樋口新葉は女子ショートプログラム3位!

樋口選手、優勝候補のロシア女子をしりぞけて、3位になりました!

71.76点です。70点超え、やりましたね!


厳しい練習が実った、会心の演技ですね!




樋口新葉の大学、身長、コーチ、趣味など

朝日新聞デジタル

生年月日: 2001年1月2日(18歳)
出生地: 東京都
身長: 152 cm
コーチ: 岡島功治
振付師: シェイ=リーン・ボーン、マッシモ・スカリ
所属: 明治大学
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、散歩

(日本スケート連盟サイト)

今季の巻き返しに期待しています!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。