宝塚歌劇、花組公演中止に!休演は大劇場再開後で初。公演中止の判断は正しいとファンは理解

みなさま、8月2日の花組大劇場公演「はいからさんが通る」が、昼・夜ともに休演と発表がありました。さややです。公演当日の発表ということで驚きましたが、歌劇団が慎重な対応をしていることもこのことから感じられました。この記事では大劇場公演の休演の理由とファンの反応について紹介しています。




スポンサーリンク

「本日(8月2日)の花組宝塚大劇場公演『はいからさんが通る』公演中止について」発表内容は?

宝塚歌劇団公式サイトで公演中止について発表がありました。
一時、サーバーがダウンして見られない方がいらっしゃるので、ここに引用しますね。

宝塚歌劇では、感染予防対策の一環として、出演者および劇場従業員全員に対する検温や体調確認を毎日実施し、健康管理に努めておりますが、このたび現在公演中の花組宝塚大劇場公演『はいからさんが通る』公演関係者の体調不良が判明したため、お客様・出演者・公演スタッフ・劇場従業員の健康に万全を期すため、以下の公演を中止させていただくこととなりました。

【中止対象公演】
花組宝塚大劇場公演
『はいからさんが通る』
8月2日(日)11時公演 ~ 8月2日(日)15時30分公演

ご観劇を心待ちにしておられたお客様には深くお詫び申し上げます。

(宝塚歌劇団公式サイトより。太字は引用者がつけました)

公演中止が発表になったのは、2日午前9時ころのよう。

公園再開時に定めたマニュアルの通り、体調不良の人がでたため、休演の判断がされたのですね。マニュアル通りとはいえ、当日の開演直前での判断と発表が素早かったです。



突然の休演発表に宝塚ファンの反応は?

当日朝に発表があり、劇場へ向かおうとしていたファンの気持ちはどうだっただろう。
座席が半減して、チケット取りは激戦だったはず。
やっと取れたチケットで楽しみにしていたファンはどんなに辛かろうと、ネットでファンの声を聞いてみたところ…

と、PCR検査結果を待つのではなく、体調不良が出た段階での休演決定を支持する声が多かったです。

宝塚ファンの心意気といいましょうか、劇団全体のことをみすえて、いまは辛抱しようという気持ちを持てることにちょっと誇りを持ちました。

体調不良が出たのに公演をおこなってその人が陽性だった場合、劇団側の責任が問われてしまい、今後の公演に悪影響が出てしまうことをみんなわかっているんです。

だからこそ、自分の見たかったという気持ちをむやみに主張する人が少ないんですよね。

公演再開の見通しは?

劇団に不利になることは将来の自分たちの観劇に悪影響が出ることをわかっているファンたち。おなじヅカファンとしてすばらしいなと誇りに思います。

でも振替がないのはやっぱりショックだろうな…

公演中止に伴い、当該公演のチケットをお持ちのお客様にはチケット料金の払い戻しをおこないます(公演の振替はございません)。

劇団の判断は支持するから、今日のチケット持っていた人はその辛さを吐き出してもいいと思います!

8月3日(月)以降の公演実施につきましては、改めて宝塚歌劇公式ホームページにてお知らせいたします。

(宝塚歌劇団公式サイトより)

体調不良者の検査結果など待たなくてはいけないでしょうから、明日以降の公演については決定次第の発表ということです。

情報がでたら、また追記します!

安心してタカラヅカが楽しめる日が早く来ますように!




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク