東京宝塚大劇場、再開後の座席はどうなる?出演者を交代制にする試みにファン驚き!

ごきげんよう、さややです。東京宝塚劇場での公演も再開になりますね。まずはめでたい!座席の配列は東京宝塚劇場と同じですが、なんと下級生が交代制で出演になってます(驚き)。新しい生活様式deタカラヅカ、どこよりもわかりやすくお届けします!




スポンサーリンク

東京宝塚劇場、星組礼 真琴お披露目から公演再開

7月31日から東京宝塚劇場での公演も再開されることが発表されました!

再開後の公演は、星組トップスター礼 真琴(れいまこと)さんのお披露目公演『眩耀(げんよう)の谷 ~舞い降りた新星~』『Ray -星の光線-』です。

コロナで休演になったのが、よりによってお披露目公演、それも星と花と2組のトップお披露目ということで、劇団も頭が痛かったでしょうね。

3月に短期間公演を再開したのもお披露目公演だったからこそという事情が伺えます。

宝塚ファンは観劇マナーが徹底しているので、公演中の私語やかけ声などの発声はいっさいありませんから、観劇中の感染リスクは少なめだと思いますよ。

公演再開、本当におめでとうございます~!


宝塚歌劇、再開後の東京宝塚劇場の座席数はどうなる?

通常ですと、東京宝塚劇場の座席数は2,069席!

それが公演再開したときに、どのていど減るのでしょうか。

公演のチケット発売にあわせて、このように発表されました。

感染予防対策として、座席の間隔を前後左右1席ずつ空けるとともに、最前列の座席販売は見合わせます。

東京宝塚劇場と同じ方針のようですね。

具体的に座席表とあわせて見ていきましょう。

前後左右1席ずつ空ける

こちらが、宝塚歌劇団公式サイトで発表された「7月からの星組公演の座席表」です。

白い席が発売、グレーの席は発売されない(空席にしておく)席です。

宝塚歌劇団公式サイトより

1階の最前列は発売されず、2列目以降から1席おきに販売されるのがわかります。

東京宝塚劇場の座席はもともと「千鳥配列」になっていて、前の座席と重ならないように工夫されているんです。

最前列の座席販売は見合わせ

最前列はプレミア中のプレミア席、目の前にスターさんたちが並び、その視線を独り占めしてうっとりできるまさに神席なんです。

わ〜〜ここに座れないのか…

これはファンにとっては悲しいですね!

もちろん、プレミア席なのでよっぽど運がよくないと手に入らないのですが、私もファンとして切ないです…

再開後の東京宝塚劇場の座席数は?

通常の席数 2,069席

千鳥配列以外の販売されない席=1階最前列に39席、2階A席・B席両脇に40席

概算で計算すると、(2,069ー39ー40)÷2=995席!?

え、1000席くらい???????(少なすぎて動揺しています)

宝塚大劇場は定員が2,550席のところ1274席の設定なので、そんなものかもしれませんが、覚悟はしていたとはいえ、数字で見るとショックが大きいですね。

再開後の東京宝塚劇場の座席表はこちら

白が販売される席です。

見た目的には半減よりも少なく感じますね。

宝塚歌劇団公式サイトより

いつもは当日券で販売されているB席2階16列目も一般前売にて販売するとのことです。



再開後の東京宝塚劇場のチケット販売は?

チケットの販売方法もかなりいつもと違いますので、注意です。

一般前売につきましては、宝塚友の会会員先行販売と同じく「(1公演につき)おひとり様1枚」での販売となり、宝塚歌劇Webチケットサービスのみでの販売とさせていただきます。
※東京宝塚劇場チケットカウンター、電話受付ならびに各プレイガイドでの販売はございません。
※宝塚友の会会員先行販売を中心に販売いたしますので、公演によっては、一般前売での販売数が非常に少ない場合がございます。

「宝塚友の会」とは歌劇団公式でチケットの先行発売をおこなう会員制度です。

そこを中心に販売するということで、一般前売りの販売が非常に少なくなる見込みということ。

個人的見解ですが、宝塚友の会会員は、住所氏名を登録しているため、なにかあったときに身元が判別しやすいということもあります。優先にしている理由のひとつにそれもあると思います。



宝塚歌劇、新しい生活様式で今後の公演はどうなる?

新型コロナ感染症拡大防止のため、宝塚歌劇団でも対策を取っています。

長く続いていた公演形態がかなり変更になりますね。

宝塚歌劇団公式サイトで、再開される星組公演で取られる対策が発表されました。

●オーケストラピット内での感染予防対策のため、録音演奏

●初日から2週間(7月31日(金)~8月14日(金))は、1日1回(13時30分公演)のみの上演といたします。

●8月15日(土)以降の2回公演実施日は、平日の開演時間を「11時開演」「15時30分開演」とさせていただきます。

幕間休憩を35分間

専属オーケストラでの生演奏が宝塚歌劇のひとつの魅力なのですが、それが録音演奏となります。オケボックスのスペースは決まっているので、ソーシャル・ディスタンスを取れないんですよね。

やむを得ないですが、録音は残念です。

それと、幕間休憩が30分から35分になりました。

東京宝塚劇場では幕間に女子トイレが長蛇の行列になるのですが、そこで距離を保ちながら並んだら、ロビーを埋め尽くしてしまいそうで、そちらも心配です。

あとは、平日の2回公演時間が、13時・18時30分開演から、「11時開演」「15時30分開演」に変更になったので、「仕事帰りに観に行けない〜〜(泣)」という声が聞こえてきています。これはファンにとって大事件。



宝塚歌劇、舞台上での三密をどう避ける?

舞台上および舞台裏での密集状況を避けるため、一部場面において、当初の演出を変更し、舞台上での出演者数を調整する場合があります。

これは花組公演でも言われていたことです。

東京宝塚劇場の舞台は、80人の出演者が勢ぞろいすることを想定して、他の劇場と比べても大きいのですよ。

なので、あるていどの人数は舞台に出られると思いますが、どうなるのかしら?と思っていましたが、。星組公演では、下級生20人が交代制で出演することが発表。

上級生は全日程の出演です。

宝塚歌劇団公式サイトより

この下表が交代で出演する生徒たち。(20人ずつ交代)

【A日程】
7月31日(金)~8月9日(日)
8月18日(火)~8月23日(日)
9月1日(火)~9月6日(日)
9月15日(火)~9月17日(木)

【B日程】
8月11日(火)~8月16日(日)
8月25日(火)~8月30日(日)
9月8日(火)~9月13日(日)
9月18日(金)~9月20日(日)

月曜日が休演日なので、そこを境に交代させるのですね。

お芝居では毎週、役替りしているようなもので、下級生なので、それほど大きな影響はないかな〜?といいつつ、稽古が大変そう。

ショーはメンバーがそっくり入れ替わるから、まあ大丈夫かな。

全日程出演するジェンヌと演出家の稽古が大変ですね、これは(汗)

出演者数十人による迫力ある群舞もあって見どころのひとつですが、一公演の出演者が60人なので、全ツ(全国ツアー)みたいな印象にはならなさそう。

(全ツでは団員の人数を半分に減らして回るので、群舞でも「わ、少な!」って感じなんです)



宝塚歌劇、再開後の東京宝塚劇場の座席表は?まとめ

・席の間隔を前後左右1席ずつ空けるため、座席数は1000席くらい

・ただでさえ満席なのに、チケットの競争が激しくなるよね、ショック

・平日の2回公演の開演時間が「11時開演」「15時30分開演」になって、夜公演がなくなってる!仕事帰りに観に行けない

・下級生20人が交代制で出演するから、その子のファンはチケ取りが大変

・オーケストラの生演奏はなく録音

1000席とかだと、個人的にホントにチケットが取れる気がしないんですけど、でも公演再開は嬉しいですね。

日比谷で今日も公演をやっている、というのはヅカファンにとって心の支えなので。

ジェンヌとスタッフの皆さんが健康で過ごせますように!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク