羽生結弦、日本スケート連盟Twitter「#SkateForward明るい未来へ」

こんにちは、さややです。日本スケート連盟の公式Twitter「#SkateForward明るい未来へ」、最終日は羽生結弦(はにゅうゆづる)選手からのメッセージでした。なんと、2011年からの全プログラムをダイジェストで踊っています!その演技には気持ちが入っていて迫力満点です!



日本スケート連盟Twitter「#SkateForward明るい未来へ 」羽生結弦が登場!

日本スケート連盟の公式Twitterで展開されていたスピードスケート、フィギュアスケート選手たちからファンにおくられた動画、最終日は満を持して羽生選手の登場です。

なんと動画は3本、5分17秒にも渡る長尺なもの!

室内での撮影でジャージ姿ですが、2011年から今までのプログラムをダイジェストで踊る姿は迫力満点!

「#SkateForward明るい未来へ 」羽生結弦の動画 1

「フィギュアスケーターの羽生結弦です。2011年から今までの、ぼくとプログラムたちの道のりです」というあいさつから始まりました。

1本目のプログラムは、2011年から2015年まで

「2011“White Legend”」

「2011-12“悲愴”」

「2011-12“ロミオ+ジュリエット”」

「2012-13“ノートルダム・ド・パリ”」

「2012-14ソチオリンピック“パリの散歩道”」(ショートプログラム=SP)

「2013-14ソチオリンピック“ロミオとジュリエット”」(フリー)

「2014-15“オペラ座の怪人”」



「#SkateForward明るい未来へ 」羽生結弦の動画 2

2本目のプログラムは、2014年から2015年まで

「2014-15、16“The Final Time Traveler”」

「2015-16“天と地のレクイエム”」

「2016-17“Let’s Go Crazy”」

「2016-17“Hope&Legacy”」

「2014-16、17-18、平昌オリンピック、20“バラード第1番”」

「2016-18平昌オリンピック“Notte Stellata”」

「#SkateForward明るい未来へ 」羽生結弦の動画 3

「2018-19“Otonal”(秋によせて)」

「2018-19“Origin”」

「2018-19“春よ、来い”」

「2014-16、17-18平昌オリンピック、20“SEIMEI”」

陸上での演技の再現はどことなくぎこちなくなりがちですが、羽生選手はしっかり気持ちを込めて演じているので、すごいですね。これを見たら演技も見たくなりますね〜〜

先日、NHK杯での演技をノーカットで放送された番組はこちらです!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク