高橋大輔村元哉中のソーラン節に騒然!2021年リズムダンスは和のブルース&ヒップホップ!フリーはバヤデール

こんにちは、さややです。
「かなだい」こと、村元哉中(むらもとかな)・高橋大輔(たかはしだいすけ)組が2021−22シーズンのプログラムを6月14日、発表!

リズムダンスは和のブルース&ヒップホップとファンの度肝を抜く異色のプログラム。SNSではすでにファンが騒然としています。

かなだいの2021−22シーズンのプログラムをどこよりもわかりやすくまとめます。



スポンサーリンク

村元哉中・高橋大輔組、2021のリズムダンスは「ソーラン節」!

ふたりの公式サイトで今シーズンのプログラム発表がありました!

【リズムダンス】
曲目:Soran Bushi by Maia Barouh & Koto by CloZee
振付師:Marina Zoueva/Ilia Tkachenko/矢内康洋

「ソーラン節」と聞くと「えっっ」とびっくりですが、Instagram公式アカウントにはMVのようなクールな練習映像が!

この投稿をInstagramで見る

DaisukeTakahashi(@d1sk_t)がシェアした投稿

モノクロ映像で編集のみごとさとあいまって、めっちゃくちゃかっこいい!!!!!!

高橋選手のコメントも納得。

ソーラン節?!とビックリする方もいらっしゃると思いますが、現代風にアレンジされていてとてもカッコいいものになっていて、それがまたスケートのスピード感と合う!

(高橋大輔公式よりコメント)

マイア・バルーは日本とフランスを行き来して演奏活動しているミュージシャンで、日本の民謡などをモチーフにしている曲を多く演奏。

インスタで聞いた「ソーラン節」、フルバージョンが聞きたかったので、音源を探してまいりました。

冒頭の波の音とドラムがワクワク!プリミティブなところを残しつつ洗練されたアレンジですね。

しかし、今シーズンの必須要素「ミッドナイトブルース ステップ」に、漁師の労働歌である「ソーラン節」を持ってくるとは…!

オリンピックシーズンなので日本のカップルが「和」をテーマに選曲するのはよくあるのですが、「こうくるか!」って度肝を抜かれましたよ。(桜や蝶々夫人はよく使われますよね)

意表を突きつつ、テーマにストレートにハマっているし、かっこよくて盛り上がってくる選曲、会場のテンションが上がるのが今から目に浮かぶようです〜。

さすが、かなだい。五輪の場数を踏んでいるカップルならではの選曲です。

リズムダンスの後半部分のヒップホップパート曲は、クロゼの「Koto」。

いやいやいや、和の印象をくつがえしてしまうこのクールさ!

三味線のように聞こえましたが、琴なんですね。

2021−22シーズンのアイスダンス、リズムダンスは「ストリートダンス」ということで、「ヒップホップ白鳥」で一世を風靡した高橋選手だから期待していたのですが、発表の段階ですでに期待のはるか上に行ってます。

高橋選手、「氷艶 HYOEN 2017 破沙羅」で三味線による和のヒップホップを見せており、大好評だったんですよね〜

インスタの練習映像は、発表後7時間ですでに2万再生。

新プログラム発表って、ファンがお祭りするものだけど、この反応の大きさは、それだけ内容にインパクトがあったということ。

試合で滑っているところを早くみたいです!!




村元哉中・高橋大輔組、2021年フリーダンスはラ・バヤデール

フリーダンスは前シーズンから継続となりました。

【フリーダンス】
曲目:La Bayadere
振付師:Marina Zoueva/Massimo Scali/Ilia Tkachenko

クラシックバレエらしさを存分に堪能できるロマンチックな曲で、リズムダンスとのギャップがいっそう際立ちそうです。

2020シーズンは新型コロナ感染の影響で、試合では2回しか滑っていないプログラムなので、ファンも「もっと滑り込んで完成形が見たい」と継続を期待していただけに嬉しいです。

なんかもう、楽しみでしかないという幸せなシーズン前です!




Live News α、村元哉中高橋大輔組、新プログラムの特集!

6月14日深夜放送、フジテレビ「Live News α」で村元哉中高橋大輔の特集が放送されました。

村元哉中高橋大輔組、ソーラン節選曲はだれが?

気になる「この曲を選んだのはだれ?」



スポンサーリンク