【詳報】入国停止でグランプリファイナルは中止!全日本は?

2021年11月30日から全ての国を対象に、当面の間、新規入国を原則停止すると岸田首相が発表しました。

2021年12月9日から大阪市で予定されていたフィギュアスケートの「グランプリファイナル」まで2週間を切った段階での決定です。

出場するロシア、ヨーロッパ、アメリカの選手はどうなるのか、また日本人でも現在、海外で練習している選手の扱いはどうなるのか、スケートファンとしては気になるところです。

この記事では、海外選手、海外拠点の日本選手の入国について情報を集め、随時更新していきます。



スポンサーリンク
”羽生結弦”

入国停止の範囲は?期間は?

政府は11月29日午後、総理大臣官邸で関係閣僚による会議を開き、対応を協議した結果、29日18時過ぎ、岸田首相が全世界からの入国停止を表明しました。

南アフリカで確認された新型コロナの新たな変異ウイルスの感染が広がりを見せていることを受け、岸田総理大臣は30日午前0時から、世界のすべての国や地域を対象にビジネス目的などの外国人の新規入国を原則停止することを明らかにしました。

「わが国として最悪の事態を避けるため、緊急避難的な予防措置として、まずは外国人の入国は11月30日午前0時より、全世界を対象に禁止する」と述べ、30日午前0時から、世界のすべての国や地域を対象にビジネス目的などの外国人の新規入国を原則停止する方針を明らかにしました。

さらに「日本人などについても、南アフリカなど9か国に加えて感染が確認された14か国・地域から帰国する場合には、リスクに応じて指定施設で厳格な隔離措置を実施する」としたうえで、「これらの措置は、オミクロン株についての情報がある程度明らかになるまでの、念のための臨時異例の措置だ」

オミクロン株」警戒で水際対策強化 感染力やワクチン効果は」NHK WEB

入国者の扱いについて、政府の対応を詳しくまとめた記事を引用します。

外国人の新規入国については、これまで認められていたビジネス目的なども含め、世界のすべての国や地域を対象に30日午前0時から「当面1か月」の間、原則、停止されます。
これにより、今後、日本に新規入国できる外国人は、人道上の配慮が必要な人などに限定され、政府関係者は「最悪の事態を想定した、事実上の全面的な入国の禁止措置だ」と話しています。

▽また、日本人の帰国者などに対しても、来月1日以降入国する人から対策が強化されます。
具体的には、日本人の帰国者などは、今月上旬からワクチン接種などを条件に、入国後、自宅などで待機が必要な期間が最短で3日間に短縮されていましたが、再び、14日間に延長されます。
さらに、感染状況を踏まえ、一部の国や地域からの帰国者などは、入国後、一定期間、検疫所が指定する空港周辺の宿泊施設などにとどまる「停留」という、より強い措置がとられます。
このうちオミクロン株が最初に確認された南アフリカや、その周辺のジンバブエやアンゴラなどアフリカ南部の10か国は10日間の「停留」が求められます。
このほか、イスラエル、イギリス、オランダなど7か国は6日間、オーストラリアやドイツ、デンマークや香港など、27の国や地域は3日間、それぞれ「停留」が求められます。

オミクロン株」警戒で水際対策強化 感染力やワクチン効果は」NHK WEB



入国停止でグランプリファイナルの開催中止!?

ロシア、ヨーロッパ、アメリカの選手が来日する予定だったグランプリファイナル。

気になるのは選手たちの来日と開催の可否ですよね。

(11月30日追記)11月30日7:33読売新聞オンラインの記事では、スケート連盟は開催に向けて調整していくとのことです。


タイトルにある「バブル方式」ですが、本文では「政府の方針に従って感染防止対策を」と書かれているので、バブル方式でやると決めたわけではないと推測します。

下の記事にくわしく書かれていますが、2021年4月に大阪で「国別対抗戦」を開催した経験があります。


東京五輪・パラリンピックに向けては特例としてアスリートに入国が認められていたので、その特例入国を運用した形です。

改めて復習しておくと、対象になったのは↓選手やスタッフたち。

国内で開催される国際大会に出場する日本人及び外国人選手やスタッフ、五輪の強化指定選手、プロ野球、サッカーJリーグの外国人選手ら

でも「今回の特例可否は未定」とのこと。

関係者によると、前回同様の個別特例措置がスポーツ庁や厚生労働省から認められ、予定通り開催できる可能性は残るが「今日の今日の話で…。うかがいは立てたけど、本当にどうなるか分からない。言えることがない」と戸惑った。

「オミクロン株」が急拡大、入国制限でGPファイナル「本当にどうなるか」日刊スポーツ

「前回同様」というのは今年4月の世界国別対抗戦に特例が認められたことを指しています。

残念ながら、12月2日にグランプリファイナル中止との発表がありました。




日本人選手が隔離措置がされる!?14か国・地域とは?

11月29日16時現在、「オミクロン株」の感染が確認されている国と地域はこちらです。

この国・地域から帰国する日本人には(リスクに応じてとされているものの)、隔離措置が取られるということで、入国できても施設(ホテル?)に隔離されるため、その期間は試合はもちろん練習もできないことになってしまいます。



入国停止?フィギュアスケート日本人選手は?

入国停止対象になるのは外国人なので、日本人選手は現在のところ、入国できます。

しかし、隔離措置をされるとのこと。

感染が確認された14か国・地域から帰国する場合には、リスクに応じて指定施設で厳格な隔離措置を実施する

該当する国で日本人選手が練習拠点にしているのはカナダ

オーサーコーチの元で紀平梨花(きひらりか)選手。

バーケルコーチのもとで宮原知子(みやはらさとこ)選手。

そして、”りくりゅう”こと三浦璃来(みうらりく)と木原龍一(きはらりゅういち)ペア。

12月12日からのグランプリファイナル、12月23日からの全日本フィギュアスケート選手権への出場がどうなるのか、影響が心配ですね!

また、本人が入国できても、外国人コーチは入国停止になってしまうので、選手への影響は小さくないです。

日本国内ではやっと新型コロナ感染が下火になり、ほっとしていたところでしたが、一気に事態が変わってしまいました。

※新しい情報が入ったら随時更新していきます!



スポンサーリンク
”羽生結弦”

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
”羽生結弦”