フイギュアスケートTV!10月放送を見逃した?村元哉中髙橋大輔組のリズムダンス初披露とインタビュー!

2021年10月3日17時から放送のBSフジ『フィギュアスケートTV!』は試合結果が盛りだくさん!

★村元哉中/髙橋大輔組の注目のリズムダンスとインタビュー
★全日本選手権の予選となるブロック大会から、中四国九州選手権、中部選手権
★三原舞依選手、友野一希選手、坂本花織選手のインタビュー

などなど、ご紹介いたします!

当ブログでは、フィギュアスケート専門番組『フィギュアスケートTV!』の内容をどこよりも詳しくお届けします!


スポンサーリンク

フイギュアスケートTV!10月放送の内容は?

番組公式サイトから、内容をチェックしてみると…

先月アメリカで初戦に臨んだ村元哉中/髙橋大輔組の注目のリズムダンスとインタビューをお届け。
そして12月の全日本選手権を目指すブロック大会から、田中刑事選手・三宅咲綺選手などが出場した中四国九州選手権、山本草太選手・横井ゆは菜選手・新田谷凜選手・松生理乃選手などが出場した中部選手権の模様をお伝えする。
さらに、三原舞依選手、友野一希選手、そしてオリンピック2大会連続出場を目指す坂本花織選手に今シーズンへの思いを聞いた。

(番組公式サイトより)

そして、全日本選手権の予選であるブロック大会、それぞれの選手の新プログラムが見られるのがワクワクです!

フィギュアスケートに詳しい内田アナをスタジオに呼んで万全の構えですね。

私としては、コーチ・拠点を移した山本草太(やまもとそうた)選手のコメントが聞けてよかったです。新プログラム(樋口コーチ振付)が、「めっちゃいい」、「壮大なイーグルが泣きそう」とSNSで話題になっていますよ!



フイギュアスケートTV!村元哉中髙橋大輔組のリズムダンス初披露とインタビュー!

かなだい(村元哉中髙橋大輔組)のリズムダンスは演目発表時に話題を呼んだ『ソーラン節&KOTO』です。

RD_soranbushi01

配信で演技は見たものの、フジテレビの取材カメラの別アングル演技が見られましたね!

インタビューも興味深かったです!

Q)リズムダンスを終えての感想

高橋「初戦だったので、マリーナコーチからも”思いきりやってきて””コントロールしつつも全力で、エナジーをぶつけてきなさい”と言っていただいて、ミスを恐れず、思いきりやってはみました」

村元「初戦だったけど、あまり緊張もなく、マリーナの言うとおり、一つずつのエレメンツをコントロールして滑ろうというのがあったんですけど、ふだん練習ではしないミスが出ちゃったので、試合になるとすこし、なんだろう、なれていないところがあるのかな〜と。

(この演技は)世界で初披露だったけど、いい演技ができたと思っている」

RD_soranbushi02

Q)ソーラン節を実際に試合で滑ってみて

高橋「オリンピックシーズンということもありますし、リズムダンスの課題がブルースとヒップホップだったので、ぼくたちはヒップホップを選び、それと日本的なものとの融合、ソーラン節とKOTOのリミックスという選曲をしました。

ヒップホップななかでも”日本らしさ”と言うものを取り入れている、唯一無二のプログラムを世界に向けて初披露するということでワクワクして滑れました。

これから後半戦でどういった変化が、動きだとか、どんどん良くなっていくと思うので、その変化を楽しんでいただける初戦をお見せできたことはすごくよかった」

村元「ソーラン節って波の音、雰囲気がすごく気持ちよくて、自分たちが海の中を泳いでいるような、氷との相性がいい音楽だなと滑っていて感じるので、この初披露からの進化がどうなっていくのか、いいスタートが切れたんじゃないかなと」

曲の冒頭、振り付けが二人が前になり後ろになり、波の中を泳いでいるように感じられていたので、このインタビューを聞いてやっぱりそうなんだ!と共感しました。

フィギュアスケートって「滑る」ものなので、リズムを刻むというより「流れがある」曲がにあうんですよね。「氷との相性がいい」ってそんなことかな?と感じました。

高橋選手の「唯一無二のプログラム」という言葉が嬉しいですね〜!

オリンピックシーズンに日本的なものを演じるのはよくあるのですが、まさかソーラン節とは!

民謡で演技するのは男女シングルなどを含めても日本選手として初めてじゃないかな。

高橋選手は「白鳥の湖・ヒップホップバージョン」など革新的なプログラムを演じてきているので、今年はますます楽しみですね!!

アメリカでの初戦はyoutube配信があったので、私も見ましたが、シャープなプログラムに仕上がっていましたし、ノーミスで高い得点が出ていました!
配信を見てくわしくまとめた記事はこちらです。



坂本花織選手、フリー新プログラム『WOMEN』への思い

いきなり「競技人生最大の悩みにあった坂本選手」との出だし。

実は坂本選手取材の段階でフリーの曲をまだ決めかねていたのです。

「こんなにフリーで迷ったことないなっていうくらい悩んでいて。自分はどうしたいのって聞かれるんですけど、どうしたいのかがわかんなくて。」

8月のげんさんサマーカップではすでに振り付けがすんでいた新プログラムではなく、3年前のフリー『ピアノ・レッスン』を滑りました。

「いちおうノーミスでできて140点以上は出たんですけど、それ以上(の得点)をめざすなら、新しいのをやったほうがいいなって思って覚悟を決めました」と笑います。

この段階で、フリーは新プログラム『WOMEN』にしようと決めたのですね。

「女性ならではの悩みもあるし、その中にも女性の意思・強さもあるからそういうのを出していけたらいいなって」

北京五輪のある今シーズンはトリプルアクセルの習得に力を入れ、練習メニューに組み込みました。

日本女子の中では、日本代表に近い位置にある坂本選手ですから、当然、出場した際の海外選手との闘いに勝つためにも、トリプルアクセルは大きな武器になりますね。

「誰でもめざしているところはオリンピックで、(自分は)行けると決まったときのワクワクを味わいたいという気持ちもあって

昨シーズンの『マトリクス』から女性らしいしなやかさをまとう演技、坂本選手の新しい一面が見られるかも!?

2021シーズンのプログラムについてくわしくまとめた記事はこちら。あわせてどうぞ!



三原舞依選手、新プロ『レ・ミゼラブル』への思い

平昌五輪のときは全日本選手権5位となり、日本代表を逃した三原選手。

「4年に一度しかないオリンピック。(前回は日本代表2人だったが)今回は3枠(3人)あるので、しっかり練習してレベルアップしたい」と北京五輪代表を見すえて取り組んでいます。

三原舞依のショートプログラムは『レ・ミゼラブル』。
映画を見て気に入り、自分で選んだ曲だそうで思い入れもひとしお。

「私の経験、苦しかったこともあった、そのすべてが現れるといい。
(『レ・ミゼラブル』劇中に登場する)ファンティーヌさんが自分に重なるような、見えるような演技をできたら、そこまでできたらと感じている」

いまの課題は「ジャンプに高さと幅を出すこと」。

「昨日よりも成長して、今日よりも明日、という感じで進んでいけたらいいなと思います」

北京五輪こそ、坂本選手とふたりで出場する姿が見られたら、ファンとしてとても幸せです!

顔なじみのカメラマンに「お久しぶりです〜」と笑顔で声をかける三原選手。「元気か?」ときかれて「元気です〜〜」とくったくなく答えているのを見て、体調よさそうで良かったと私も一安心しました。

シーズンまるごと休養から復帰しても、痩せてしまった身体がなかなか元に戻らないので、心配だったんですよね。



友野一希選手、「自分の弱さが見えた」真意とは?

9月、関西アイスアリーナで練習を積んでいました。
今年の友野選手にはある思いが。

「去年は結果とレベルを求めて厳しい練習を積んで、万全の状態で全日本選手権に臨んだ。

(結果が6位に終わったことで)初めて”あれだけやってできなかった”。自分の思うような演技がショートプログラム、フリーともにできなかった。

終わったあとにどうしたらいいんだろうと(途方に暮れるような)気持ちでいた。

そこで気づいたのは、試合を特別視しすぎていた、結果を追い求めすぎて空回りしていたこと。

完璧な状態で挑んだからこそ見えた、自分の弱さに気づいた」

日本代表をまだ狙える位置ではないと自分を冷静に見ながらも、「大逆転をねらえるように」と練習に打ち込む友野選手。

ショートプログラム『ニュー・シネマ・パラダイス』、フリーは『ラ・ラ・ランド』、どちらも(ずっと組んでいる)ミーシャ・ジーさんの振り付け。

プログラムについて、「ショート、フリーともに自分としていいところが出ているな〜」と笑顔が見られました。

「ショートは自分の成長の証が見えると思うし、フリーは自分自身の良さが詰まっている、僕らしいプログラム。いいプログラムを作ってもらえたので、恩返しの意味でもいい演技をしたい」

「いまは外へのアピールだけではなくて、自分の中での表現が身についたかなと感じている。押し出すのではなく、引き込むという力がついたかなと、それが目に見えるようにできたらいいなと感じている」。

番組恒例のシーズンの目標を漢字ひともじであらわすと?

「最高の最、自分史上いちばんいい自分を見せられたらいい。そういうシーズンにします!」と力強く語っていました。



フイギュアスケートTV!中四国九州選手権

シニア男子優勝は、杉山匠海(すぎやまたくみ)選手。昨年の全日本選手権でフリーに進めなかった悔しさを晴らしたいですね!

シニア女子は三宅咲綺(みやけさき)選手がショートプログラム、フリーともに1位で完全優勝。

「昨年はうまくいかないことが多くてスケートをやめようと考えたこともあった。そんなとき鈴木明子さんに出会い、現役生活が長く辛いことも多かったと鈴木さんが語ってくれた。振り付けしてもらってスケートをする楽しさを思い出させてもらった。」と語ります。


フイギュアスケートTV!中部選手権

ノービス女子でも3回転ルッツのコンビネーションを飛ぶなど、さすが名古屋の選手はレベルが高いですね!

ジュニア女子の優勝は横井きな結選手。横井ゆは菜選手の妹です。

シニア男子優勝は山本草太選手。
ショートプログラム「Yesterday」では4回転サルコウを含むジャンプをすべて成功させるなど、「新天地で充実した日を送っている」とのこと。

2021年夏から拠点をグランプリ東海に移し、山田満知子、樋口美恵子両コーチに指示しています。

樋口美恵子コーチの振り付けについて「演技をよく見てくださっていたのかなと驚くほど、自分の得意な技や表現を入れてくださっていて、自分の良さをよくわかってくださっているプログラムだ」と手応えを感じています。

シニア女子

2位は横井ゆは菜選手、フリーのQueenメドレーで盛り返しました。
「歌詞をじっくり聞いて、”くよくよしているひまはない”というフレーズがあり、いまの自分、めっちゃくよくよしているじゃんと感じてて…あー、自分の良さが出せてないじゃんって感じました」と自分を見つめ直しているようです。

優勝は松生理乃(まついけりの)選手。
トリプルアクセルやコンビネーションジャンプに乱れが出てしまいましたが、ショートプログラム、フリーともに1位で完全優勝。



フイギュアスケートTV!10月放送の放送日、出演は?

放送日程:10月3日(日) 17:00~17:55

<出演者>
MC:八木沼純子
内田嶺衣奈(フジテレビアナウンサー)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。



スポンサーリンク