代々木第一体育館近くの飲食・カフェ、防寒着も買える「WITH HARAJUKU(ウィズ原宿)」って?

国立代々木競技場第一体育館の最寄り駅、JR山手線原宿駅は2020年3月21日から新駅舎に変わりました!全日本フィギュアスケート選手権、スターズオンアイスなどのアイスショー、スポーツ観戦のほかにもライブで使われる代々木第一体育館へのアクセスに欠かせない駅です。

新原宿駅にはコンビニ「NEWDAYS」、「猿田彦珈琲」もできましたし、駅前には商業施設「WITH HARAJUKU」がオープンして、カフェやレストランが充実。

この記事では、代々木体育館でのアイスショー観戦の飲食や買い物に便利な店を、どこよりもわかりやすくお届けします!



スポンサーリンク
”羽生結弦”

代々木第一体育館近くのカフェなら、新原宿駅2階「猿田彦珈琲」

2階には猿田彦珈琲が経営するカフェ「猿田彦珈琲 The Bridge 原宿駅店」があります!

わ〜〜〜これは嬉しい!代々木体育館へ行く前にちょっと一息つきたいときとか、便利ですね。

店内を覗かせてもらいましたが、広々していて、テーブル席でゆっくり話すもよし、大テーブルでひとりでお茶するのもよしです。

110席という席数で原宿駅の真上は貴重ですよね!

電源もあって静かで使いやすいですよ

内装がおしゃれなのは建築家 谷尻誠さんデザインだからなんですね。

飲み物はこだわりのコーヒー、紅茶のほか、日本茶やソフトドリンクも。

たべものはスイーツ、パンのほか、ホットサンドもあったので、小腹をふさぐには充分です。

ガラス張りの窓から表参道や代々木体育館が見えて開放感もばつぐんでした!



代々木第一体育館近くの飲食・カフェ、アイスショー観戦の持ち物(防寒着)を買うならウィズ原宿?

原宿駅の真ん前に2020年オープンした商業施設「WITH HARAJUKU(ウィズ原宿)」。

地下2階から地上3階まで、ショップや飲食店、ホール、コワーキングスペースなど25店舗が入るという原宿エリア最大の施設です。

広いレストランやカフェがいくつも入ってて、原宿駅付近での飲食問題がかなり改善できてます!(原宿駅周辺は小さいお店が多くて、週末のカフェはすぐいっぱいになっちゃってたんです)

ウィズ原宿にはユニクロ・アウトドアショップもある!

それに、なんと、ユニクロアウトドアショップが2店舗入っています!

「ダウンジャケットやひざかけなど、防寒着を忘れちゃった!」

「遠征で来たけど、思ったよりも寒い!」

こんなときの救いの神ですね。

<WITH HARAJUKUで防寒着が買える店舗>

ユニクロ原宿店
OSHMAN’S(オッシュマンズ)
SNOW PEAK(スノーピーク)



アイスショーの前後に、ウィズ原宿の穴場カフェ

STARBUCKSもありますが、いつ行ってもたいてい混んでいます。
そこでおすすめしたいカフェがこちら。

PEANUTS Cafe(ピーナツカフェ) SUNNY SIDE kitchen(B2F)

原宿駅から竹下通りへ抜けられるストリートの出口にあるカフェで、どちらの通りにも面していない目立たない場所にあります。
8月にオープンしたてでもあり、まだまだ穴場のカフェですよ!

SNOOPYやチャーリー・ブラウンが登場するコミック「PEANUTS」にちなんだカフェなんです。

WITH HARAJUKU内にあるPEANUTS Cafe SUNNY SIDE kitchenは
一日をしあわせにする、すこやかな食をテーマにしたカフェ。
ピーナッツの仲間たちが大好きなドーナツ、オープンサンドなど
朝を感じるヘルスコンシャスなメニューが一日中楽しめます。

ヘルシーな食材をつかったサンドやオムレツ、パスタ料理が1日中味わえます。

メニュー(一部)
ピーナッツ カフェ サニーサイドキッチンの自家製ツナサンド¥880(税込¥968)
自家製ツナとスピナッチ、セミドライトマト、タプナードのオムレツ¥1,380(税込¥1,518)
舟形マッシュルームとローストナッツ、スピナッチのクリームペンネ¥1,350(税込¥1,485)
チャーリー・ブラウンのフレンチトースト¥1,280(税込¥1,408)

店内は広々していて天井も高く、換気が行き届いている感じも安心です。

広いですけど、NHK杯や全日本選手権など大きな大会だと空席があるか心配ですよね。

ここはカフェなのに、公式サイトから座席の予約もできちゃいます

スヌーピーファンの鍵山優真(かぎやまゆうま)選手に喜ばれそうな気がするので、ファンの方にオススメ!


ウィズ原宿のゆっくり過ごせるレストラン・カフェ

カフェ・オーバカナル(2F)

1995年、オープンカフェの先駆け的存在だったオーバカナル。

本場の賑わいと味わいが息づく空間の中で、“フランスの大衆食文化を伝える”
それがオーバカナルのコンセプトです。
内装、カトラリーからメニュー、サービスにいたるまでフレンチスタイルを追求しています。

フランスさながらの雰囲気で「日本じゃないみたい」お店です。

フランスのカフェらしく、ステーキやプレートなどの食事やアルコール含めたドリンクの種類が豊富です。

カフェメニュー(一部)
“フランスの日常の一部”をご提供するカフェは朝から夜まで利用でき、思い思いの時間を過せます。
エスプレッソはもちろん、クロックムッシュやキッシュ、オムレツなどフランスのカフェにはなくてはならないメニューが揃っています。

コーヒー 510円
紅茶(ポットサービス) 660円
オランジーナ、レモネードなどフランスらしいソフトドリンク
ワイン、ビール、食前酒、ブランデーなどアルコールドリンクも豊富なメニュー

クロック・ムッシュなどサンドイッチ 610円~
サラダ 660円~
オムレツ、キッシュ、ステーキなど温かい料理 660円~

明治神宮の杜を見下ろせる広々した店内でゆっくり食事したいときにオススメ。
ロケーションの割にはてごろなお値段です!

資生堂パーラー ザ・ハラジュク(8F)

銀座の名店「資生堂パーラー」の味がラウンジとレストランで楽しめます。

ラウンジは、優雅なお茶の時間を過ごしたい方にオススメ。

ラウンジメニュー(一部)
コーヒー ¥800~
ストロベリーパフェ ¥1,100
【平日限定】アフタヌーンティー¥4,400
ワゴンデザートのドリンクセット ¥2,600

レストランでは、名物のミートクロケットやハンバーグ、ビーフカレーライスなど伝統の味がプリフィクスコースで味わえますよ!

レストラン料金
ランチコース ¥4,000~
ディナーコース ¥6,000~

遠征で東京に来られた方は、ぜひ老舗の味を頼んでみてください!



新原宿駅、新しい駅舎はどう?

これが新しい原宿駅の駅舎です。今まで使っていた木造駅舎の隣に作られました。

こちらがわは東口(表参道方面)。

ここからきっぷ売り場まで、階段・エスカレーター・エレベーターで上ります。

階段を上ったところは、広々した改札前のスペース(コンコース)。

いままでのコンコースより約3倍広くなりました。

これが表参道改札です。駅出入口を2方向(表参道方面と明治神宮方面)になり、明治神宮へ行く方は西口が使えて便利になりました。

新しい原宿駅の構内図 出典元:JR東日本プレスリリース

山手線外回りと内回りにそれぞれ専用ホームができたので、ホームの混雑も緩和されそうですね、ほっとします。

1階にはコンビニエンスストア「New Days」があります。けっこう広めなので、買い物がラクになりました。



代々木第一体育館近くの飲食・カフェのまとめ

いままで代々木第一体育館からの帰りはどの駅を使うかが悩ましい問題でした。
正直、渋谷駅まで歩いてしまったほうが早いくらいだと考えてました。

でも、もよりの原宿駅にできたカフェ「猿田彦珈琲 The Bridge 原宿駅店」はめっちゃ使えますし。

商業施設「WITH HARAJUKU(ウィズ原宿)」ができたことで、ランチや夕食の選択肢がめっちゃ広がりました。

渋谷の混雑が苦手な方は原宿駅周辺のほうがおすすめですよ。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
”羽生結弦”

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
”羽生結弦”