NHK杯フィギュア (2021)開催地は?日程、チケットはどうなる?

NHK杯フィギュア (2021)の開催地、日程(カテゴリー別)、チケットの入手方法について、会場、そしてテレビ観戦する方の役に立つようにお伝えします!




スポンサーリンク

NHK杯フィギュア (2021) 開催地は?

正式名称、2021 NHK杯国際フィギュアスケート競技大会の会場は、国立代々木競技場第一体育館(代々木体育館)になりました。

東京都渋谷区にあり、最寄り駅はJR原宿駅、渋谷駅ととても便利なところです。

代々木体育館は東京五輪にあわせて2019年、改修されました。

最寄り駅からのアクセスに加えて、改修後のキャパなど、こちらの記事にくわしくまとめましたので、どうぞ!



NHK杯フィギュア (2021)日程は?

昨年同様、1日目にショートプログラム・リズムダンス、2日目にフリー・フリーダンス、3日目にエキシビションという日程になりました。

1日目【11月12日(金)】/ Friday, November 12

男子 (ショートプログラム)
Men -Short Program
女子 (ショートプログラム)
Women -Short Program
ペア (ショートプログラム)
Pairs -Short Program
アイスダンス (リズムダンス)
Ice Dance -Rhythm Dance

2日目【11月13日 (土)】/ Saturday, November 13

男子 (フリースケーティング)
Men -Free Skating
女子 (フリースケーティング)
Women -Free Skating
ペア (フリースケーティング)
Pairs -Free Skating
アイスダンス (フリーダンス)
Ice Dance -Free Dance

3日目【11月14日(日)】/ Sunday, November 14

エキシビション
Gala Exhibition
(2021年9月15日現在)

※競技順、競技時間の詳細は9月下旬に発表されたら更新します。

ちなみに、男子シングルに羽生結弦(はにゅうゆづる)、宇野昌磨(うのしょうま)選手が出場、チケットはかなりの激戦でしょう。

アイスダンスが目当てのファンは「日程をずらしてくれたらよかったのに…」「カテゴリ別に発売して」という声が多数です。

※スケートの「カテゴリ」とはシングル、ペア、アイスダンスとわかれている部門のことです。

高橋宇野羽生が揃った全日本チケは欲しけりゃ3万光年の彼方まで取りに来いよ、って感じだったのに 梨花ちゃんかおちゃんトゥルソワもいて海外スターもぞろぞろいるなんて、もうブラックホールにチケが吸い込まれていく感じ、、 今こそオリンピックのように入れ替え制で発売を!

「ブラックホールにチケットが吸い込まれていく」ってうまい表現ですね!

ファンの実感としてはそれくらい難しいだろうなあ…と同感です。




NHK杯フィギュア (2021)チケットは?会場の座席は?

今年は男子シングルに羽生結弦(はにゅうゆづる)、宇野昌磨(うのしょうま)選手が出場するため、チケットの入手はかなりの激戦になることが予測されます。

そのため、前売りチケットは完全抽選、電子チケットで転売ができないようになっていますので、ご注意くださいね。

●発売日は…
2021年10月5日(火)10:00 ~ 10月11日(月)23:59

●チケット入場料は、SS席15,000円~スタンドB席5000円

●チケット発売は「e+」での取り扱いになります
URL:https://eplus.jp/nhk-trophy/

●座席の配置はこちら。

会場について、座席からの見え方やトイレ、アクセスなど、観戦に役立つ情報をまとめた記事もあります。当サイトの人気記事ですので、あわせてどうぞ!




NHK杯フィギュア (2021)放送時間は?

中継の日程はまだ公表されてませんが、NHKは放送に力をいれており、例年、生中継しています。

2020年は地上波とBS1、そしてなんとBS8Kで生放送がありました!

そして、毎年、NHK杯終了後に上位選手の演技をまとめた「総集編」を作成して放送してくれるので、見そびれてしまった選手の演技を保存するのも重宝しますよ。

※放送時間が決まったら記事を更新します。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク