山本草太、宇野昌磨とW表彰台で話題に!NHK杯も表彰台へ?動画も

こんにちは、seenoです。3度の大ケガから復活してきた19歳の山本草太(やまもとそうた)選手、ISUチャレンジャーシリーズ2戦とも表彰台にのり、好調です!4回転を3本組み込むフリープログラムを携え、昨年につづき、NHK杯に出場が決まっています。
当ブログでは、山本選手の代表作とスケート歴を、どこよりもわかりやすくお届けします!



山本草太 ツイッター(Twitter)で話題に、宇野昌磨とフィンランディア杯のW表彰台!

男子ショートプログラムで山本草太選手が4回転サルコー+2回転のコンビネーションジャンプと4回転トゥループを決め、自己ベストの92・81点で首位にたちました!宇野昌磨選手は4回転フリップなどの着氷がやや乱れ、92・28点で2位です。

演技動画をどうぞ!


ジャンプすべてにGOE(加点)がつくきれいな着氷。そしてスピンがふたつともレベル4が取れていて、

4回転サルコー+2回転トゥループは、4回転サルコー+3回転トゥループの予定だったから、演技終了後は、本人としてはそこが残念だったかという表情してますね。

しかし、ショートプログラムで90点を超えたのは初めてなので、得点が出たときは本人も驚きの表情。

前の試合(USインターナショナル)から10点も上がっているのです!すごい!
そして、コンビネーションジャンプが予定通り決まれば、まだ得点が伸びる余地があるんです。
100点に近づいていきますね。
本人が「これで世界のトップと戦える」とコメントをしているとおりです。

しかし、フリーの演技は、ジャンプの転倒が続いてしまい、130.43点にとどまり、合計も223.24点。ショートプログラムで2位だった宇野昌磨(うのしょうま)選手に逆転されてしまいました。

それでも、フィンランディア杯を2位で終えて、宇野選手と並んでの表彰台。ジュニア時代を思い出して、「ふたりの並ぶ表彰台が見られて、うれしい」「この並びを待っていた」というファンの声がTwitter上に並びました!

フィンランディア杯の男子シングル表彰式と、リンク周回の動画です。

ISU(国際スケート連盟)国際大会でのこの並び、嬉しいですね〜

チャレンジャーシリーズは2戦とも銀メダル表彰台という成績を残すことができた山本選手。全日本選手権と、めざす世界選手権にむけて大きな成果がでましたね。

山本はフリーの演技について「2本目の4回転サルコーの失敗で体の軸が狂ってしまい、最後まで修正することができなかった。もっと練習しなければと思いました」と反省したが、SPは「納得いく演技ができたし、今の構成をちゃんとすることができれば高い得点をいただけると分かりました」とコメント。大会全体を「手応えあり、課題ありという感じですね」と振り返っていた。

(中日スポーツ2019年10月15日 )

ショートプログラムとフリーのどちらも完成度をあげて終えることは、高難度の構成になるほど難しいので、山本選手もその段階に入ったといえます。

しかし、ISU国際大会で2戦とも表彰台にのれたのは素晴らしい成果。NHK杯もですが、年末の全日本選手権がますます楽しみになりました!




山本草太は宇野昌磨と並び、平昌五輪をめざしていた逸材!

山本選手は、15歳でジュニアグランプリファイナルに優勝、世界ジュニア選手権の銅メダルをとり、2年先輩の宇野昌磨選手とともに平昌オリンピックでの活躍を期待されていた逸材でした。

上の画像はふたりが国際大会に出場するため、海外遠征していたときのもの。

しかし、2016年3月世界ジュニア選手権直前に右足首骨折を負います。そのときは5月には氷上練習へ復帰し、アイスショーに出演しましたが、7月末に2回目の骨折。さらに、10月に同じ個所を3回目の怪我という不運が重なってしまいました。

さすがに心が折れてしまったのか、インタビューでこのときのことを語っています。

「頑張ろうという気力が減ってしまいました」(出典:東海Walker)

リハビリにも身が入らず、しばらくスケートの練習から離れて過ごす日々だったといいます。

そして、2017年5月末、久しぶりに氷上にのったときのこと。

「楽しいな、と感じました。何もできないけど楽しい。やっぱりスケートが好きなんだな、と感じました」(出典:東海Walker)

コーチの勧めに従ってエントリーし、9月末の中部ブロック大会に出たときは、まだシングルジャンプしか飛べない状況でしたが、かつて目標にしていた平昌オリンピックをあきらめたくないとの思いだったといいます。

11月の西日本選手権では3回転ジャンプを取り戻して、ノーミスの演技をし、全日本選手権への出場を手にしました。

そして、全日本選手権でショートプログラム72.88点、フリー135.39点、合計208.27点で、9位を取ったのです。



山本草太の演技が高橋大輔(たかはしだいすけ)を氷上に戻らせた

山本選手は、前の記事で書いた山田耕新(やまだこうしん)選手とならんで、高橋大輔選手に復帰を決意させたひとりです。

全日本選手権では、山本草太くん、山田耕新くんという、もともと一緒に練習していた選手たちから特に大きな刺激を受けまし た。

ー(中略)ー

それまで僕は、世界のトップレベルで勝つことだけが選手としての自分の目標だと思っていて、そこで勝てないならスケートをやる意味はないというような考えを持っていました。でも、それぞれの目標で精一杯頑張って、それで自分の目標を達成できたとき、いい演技ができたとき……そのときの選手の表情、場の空気、お客様が感動している姿……それを目にしてものすごく感動してしまって。世界で勝つことだけが自分の目標ではないのではないか、現役でいてもいいんじゃないか、と強く思ったんです。

(『VOGUE』インタビュー「挑戦を止めないという選択── 髙橋大輔、現役復帰への覚悟を語る。」)

●全日本選手権(2017年)のショートプログラム『アンセム』の演技。

3−3コンビネーション、2アクセル、3ループというジャンプ構成は難しいものではありません。でも、魅せる。スケーティングとスピンの流麗さに見とれてしまう演技です。

清澄な男性ボーカルがにあう、滑りですね。

観客もスタンディングオベーションでたたえています。

実況の西岡アナ(フジテレビ)は、フィギュアスケートに精通していて、各選手の事情や過去の演技・成績にも詳しいのですが。

怪我からの復帰や会場の雰囲気についての西岡アナのコメント、涙なしには見られないです!


全日本フィギュア(2018年)、山本草太の動画は?

山本選手のスケートの魅力といえば、まず、スピードと伸びのあるスケーティング、そして美しいスピン。

ジュニア時代は「第二の羽生結弦(はにゅうゆづる)」と言われていましたが、強靭さと柔らかさ、現代性をもつ羽生選手よりも、細くしなやかな軸をもつ滑りから、山本選手の滑りにはノーブルな印象を受けます。

それが堪能できる動画をご紹介します。

●全日本選手権(2018年)ショートプログラム 『G線上のアリア』

スピンはすべてレベル4。全選手の中でスピンは最高得点でした。

●全日本選手権(2018年)フリー 『信長協奏曲』

4回転を成功させて、トリプルアクセルも入れて。3回転もフリップやループなど、難しいジャンプを入れています。

転倒もありましたが、一線で戦える状況へ戻ってきていましたね。

シーズンのスコアをまとめてくださった方がいました。わかりやすくてありがたいです。



ISUチャレンジャーシリーズ2019、山本草太は2戦とも2位銀メダルに!

山本選手、「USインターナショナル」、「フィンランディア杯」ともに2位表彰台に上りました。

特に、「フィンランディア杯」はショートプログラムでは90点超え。

フリーでは、回転不足、転倒ありましたが、4回転サルコウ2本、4回転トゥループを入れてきました。そして、トリプルアクセルを2本という第一線で戦えるジャンプ構成を入れてきましたね。

もう、完全復活といえますね!うれしいです。




山本草太、身長は172cmのイケメン、プロフィール

ジュニアのころは小柄でしたが、すくすくと伸びて、現在172cm。

生年月日Date of birth 2000年01月10日(January 10, 2000)
出身地Birthplace 大阪府 Osaka
身長Height 172cm
血液型Blood type O
所属Club / Team 中京大学 Chukyo University
趣味Hobby 音楽/映画鑑賞・散歩・入浴

(日本スケート連盟公式サイトより)

草太くんは日本男子スケーターの中では大人っぽい方ですね。スーツを着ると、若手営業マンといった風情。まだ大学生なんですけどね。

話しているところを聞くとけっこうほんわかしてて、関西出身なんだな、O型なんだなという感じですが、リンクでは別人。

きりっとした超絶イケメン!

肩幅広くてきれいな逆三角形の体型で足も長いから、イケメンに拍車がかかるんですよね〜

はーかっこいい。

このギャップがたまりません!

NHK杯、全日本選手権での活躍が楽しみです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます!