三原舞依 痩せた?休養?欠場が続く。シンデレラ、かわいい天使の動画で復帰を待つ

こんにちは、seenoです。三原舞依(みはらまい)選手が、2019年近畿選手権につづき、グランプリシリーズのスケートカナダ、中国杯も棄権の見込みと報道されました。難病を抱えながらリンクに上がってきた三原選手のつらさに胸が痛みます。
当ブログでは三原選手のいまを、どこよりもわかりやすくお届けします!




三原舞依、スケートカナダ、中国杯を欠場と発表。体調不良で今季の出場は厳しいか

2019年7月より体調不良でアイスショーやチャレンジャーシリーズを欠場していました。

復帰戦としていた近畿選手権(滋賀県アイスアリーナ)も欠場することが3日、明らかになりました。この日は大会の開会式と滑走順抽選が行われたが、三原選手は棄権届を提出して不参加だったとのこと。

棄権理由について大会関係者は「後で診断書が出されることになっている」とまだ明らかにされていません。

全日本選手権の予選を兼ねている近畿選手権に出られないことで、三原選手の全日本出場は厳しい模様です。

(ニュースソース:デイリースポーツ10/3(木) 20:47配信)

三原選手の続報が出ました。

残念ながら、体調不良のため、グランプリシリーズ第4戦の中国杯(11月8、9日)を欠場する見通しであること三原選手を担当する中野コーチが取材者に伝えたそうです。

中野コーチは「しっかり治して。無理をせず、来シーズンにちゃんと戻ってこられるようにしてほしい」と今季は治療に専念させる考えを示した。

(日刊スポーツ10月21日)

欠場はたいへん残念ですし、今年は憧れのローリー・ニコルの振付を受けてがんばろうとしていた三原選手の心中を思うと、ほんとうに辛いです(涙)

でも、舞依ちゃん本人の体調がいちばん大切!

インスタに本人からのメッセージが掲載されました!


充分に治療静養して、リンクに戻り、またすてきな演技を見せてくれることを信じて、復帰を待ちたいですね!

心が洗われる三原選手のスケートは他の誰にも代えがたいものです。

このブログでは三原選手の代表作を動画入りで紹介しています。どうぞ続けてご覧ください。



三原舞依(みはらまい)、難病をのりこえて全日本選手権へ。「シンデレラ」の曲で四大陸選手権(2017年)に優勝する実力者!

神戸生まれの三原選手、小学2年生でスケートをはじめ、14歳で出場した全日本ジュニア選手権では本郷理華に続いて2位、初出場の全日本選手権で12位と、早くから頭角を表していました。

三原舞依(みはらまい)の世代は、坂本花織(さかもとかおり)、樋口新葉(ひぐちわかば)、2年下に紀平梨花(きひらりか)、本田真凜(ほんだまりん)。宮原知子(みやはらさとこ)に続くこの日本女子の層の厚さ!誰が世界選手権に出ても表彰台を狙えるレベルを持ち、日本女子は黄金期に入っています!

しかし、2015年、若年性特発性関節炎(若年性リウマチ)を発症し入院。全日本選手権に出場がかなわず、病室のベッドで見ていたとのことです。

治療によるブランク、2016年4月から氷上練習を再開し復帰、シニアに上がってグランプリシリーズのスケートアメリカでいきなり3位表彰台。

その年の全日本選手権でのフリープログラム「シンデレラ」、三原選手の滑りを初めてみたのですが、その清らかさに目を奪われました。

まずは宙に浮いているかのような軽やかに伸びるスケーティング。そのスピードから飛ぶ3回転ジャンプはミスなく着氷して加点がつく美しさ。

そして、コレオシークエンスでのスパイラル(バレエのアラベスクポーズで滑る技)の長さ、速さにも目を見張るものがあります。

まさにシンデレラのように、シニアになって初めての全日本選手権で3位表彰台。世界選手権と四大陸選手権に出場します。

世界選手権では5位入賞、四大陸選手権は金メダル、国際大会初優勝を飾りました。

滑れない時期があってリンクに戻ってきた時、「スケートが好き」と感じたとのこと。

その思いが客席にまで届くようで、とても幸せな気持ちに包まれました〜

演技が終わったあと、握った手を寄せてくるくる〜〜って回るところが、かわいい!リアルディズニープリンセス。

三原選手の歩みを紹介した番組がありましたので、下にご紹介します。

こどものときの映像、病気が見つかってから、入院したベッドの上での痛々しい写真もあり、いまリンクの上で彼女の滑りが見られることをとても感謝しました。

昨シーズンですが、三原選手は2018年全日本選手権で、ショート・フリーともにほぼノーミスの演技をするも4位と惜しくも表彰台に届きませんでした。しかし、四大陸選手権では3年連続で表彰台(2017年1位、2018年2位、2018年3位)にのる快挙をみせました。

2019年3月、国際大学スケート連盟主催の冬季ユニバーシアード大会ではみごとに優勝を果たしました。

この投稿をInstagramで見る

・ ・ ******三原舞依選手よりメッセージ💌******・ ・ ユニバーシアード無事終了致しました。・ ・ たくさんの方々にお世話になりとても貴重な経験をさせていただくことができ、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。 日本代表選手団の一員として少しでも貢献できていれば嬉しく思います。・ ・ 選手村や会場はとても広く、試合後には、他の選手と一緒にお散歩をしたり写真を撮ったりして楽しむことができました😊 ・ ********************・ ・ ・ #ユニバーシアード2019 #krasnoyarsk2019 #三原舞依 #シスメックス_フィギュアスケートチーム #sysmex_figureskatingteam #フィギュアスケート #フィギュアスケーター #maimihara #figureskating #figureskater

シスメックス スケートチーム | 三原舞依 & 坂本花織さん(@sysmex_figureskatingteam)がシェアした投稿 –




三原舞依のガブリエルのオーボエ、これがイチオシ動画!

三原選手の代表作といえるのが、2017-18シーズンのフリープログラム「ガブリエルのオーボエ」(映画『ミッション』から)。

全日本選手権の緊張感の中で、ミスなくジャンプを決め、伸びやかに滑っていくこの演技。

この動画のトップ画像がスパイラル、静止画でみてもきれいですね〜。

つらいことがあっても、この滑りをみていると、心が落ち着いてきて元気が湧いてくる、そんなプログラムです。きよらかな女性ボーカルにのったスケートを見ていると心が浄化されていくよう。マジ天使!



三原舞依、2019年の新プログラムは、ニコル振り付け!グランプリシリーズはスケートカナダ、中国杯に出場

三原選手の今シーズンのプログラムは…

ショートプログラム:『La Gitana』振付:デイビッド・ウィルソン

フリー:『フェアリー・オブ・ザ・フォレスト&ギャラクシー(ピアノバージョン)』:ローリー・ニコル

ローリー・ニコルは、三原選手がこどものときから憧れている浅田真央さんのプログラムを長年手がけてきた振付師。

7月1日付で公開されたローリー・ニコルと三原選手の写真。

振付期間中に感じたことや、ニコルに依頼した思いなどがインタビューにのっています。

「すごくきれいな、最初から最後まですごく大好きな音楽で、初めてローリー・ニコルさんに振り付けをしていただいたプログラムになります。トロントで2週間ほどスケートに対する思いとか、手の動かし方、目線の送り方とか、すごくたくさんのことを学ぶことができたので、それを全部込めて演じていきたいと思っています」 (出典:webスポルティーバ 2019年7月22日)

「こんな日が来ることが信じられないくらいうれしくて。お会いした時には、夢かなと思うぐらいびっくりしてしまいました。いろいろな選手たちのプログラムを見ても、ローリーさんの振り付けはスケーティングやスケートに対する思いを感じます。憧れの選手をずっと見てきた先生なので、(そのニコル氏にも)憧れがずっとありました。振り付けをしていただけるとは思っていなかったので、しっかりと頑張りたいです」(出典:webスポルティーバ 2019年7月22日)

グランプリシリーズに2戦出場が決まっている三原選手。初戦は羽生結弦(はにゅうゆづる)選手も出場するスケートカナダです。新プログラムがほんとうに楽しみですね!

グランプリシリーズの日程や、ファイナルに進むための条件についてはこちらの記事をどうぞ。




三原舞依、痩せた…?病気が…?現在の体調を心配するファンたち

実は、8月に入って、アイスショー「THE ICE」を欠場、8月11日の試合(げんさんサマーカップ2019)にも、棄権が報じられるなど、心配な状況が。

上のインスタの写真で見ても、顔がほっそりしていますね…

若年性特発性関節炎(若年性リウマチ)の症状には波があると聞いていましたが、多くのファンがとても心配しています。

『webスポルティーバ』(2019年7月22日)では、体調についてもくわしく三原選手が語っていました。7月15日の全日本シニア強化合宿でインタビューされた記事です。

春からやっていた陸上トレーニングをレベルアップさせつつやっていたこと。春先は手応えがあったけど、いまは(体力を)ちょっとまだ戻せていない状態なので、体力を戻すことに重点を置きながらやっているということです。(くわしくは下記から2ページの記事です)

どうか、リンクで元気な三原選手の演技が見られますように、祈っています。

三原舞依選手のプロフィール

生年月日 1999年08月22日 Date of birth August 22, 1999
出身地 兵庫県 Birthplace Hyogo
身長 Height 156cm
血液型 Blood type A
所属 シスメックス Club / Team Sysmex
趣味 いろいろ鑑賞、けん玉

(日本スケート連盟サイトより)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。