紀平梨花、N高校から大学へ?出身中学は?TV共演、姉の仕事は?

女子フィギュアスケーターの紀平梨花選手をご存じでしょうか?4回転ジャンプを成功させたことでも注目のスケーターです!

紀平梨花選手の演技で印象に残っているのは何と言っても昨年の全日本フィギュア。紀平梨花選手は、フリースケーティングの冒頭で4回転ジャンプを成功させました。「Baby, God Bless You」という美しいピアノ曲にのせて舞う紀平梨花選手の演技は、優雅で圧巻でした。

また、今年3月の世界フィギュアのショートプログラム。紀平梨花選手の演技は、フリースケーティングの柔らかい雰囲気とはまた違い、強く、かっこよかったです。ステップではなんと片手で側転する動きもあり、強く印象に残っています。圧倒的な強さを見せた演技でした。

今回は、そんな紀平梨花選手について見ていきましょう!




スポンサーリンク

紀平梨花はN高校出身?通信で通っていた?

紀平梨花選手はどこの高校出身なのでしょうか。気になりますよね。

紀平梨花選手は、ネット高校の「N高」出身です!

卒業式は紀平梨花選手は新型コロナウイルスの隔離期間中だったため、指定先のホテルから出席。なんと卒業式では特別表彰を受けたんだそうです!

それにしても、N高校ってどんな学校なんでしょうか。

N高校はネットの高校です。机の上で学ぶ勉強だけでなく、自由な発想で考え、主体性をもって問題に取り組む力を育む高校だそう。そしてなんと、好きなときに好きな場所で学習ができる高校なんです。

これならば、フィギュアスケートの練習で忙しい紀平梨花選手でも、きちんと両立ができそうですね!

N高校は好きなことを好きなだけ学ぶことができるようで、プログラミングや語学、職業体験、留学プログラムまで豊富にあるんだとか。すごいですね!





紀平梨花の大学は?

紀平梨花選手は大学はどこに進学したんでしょうか?

紀平梨花選手は、早稲田大学の通信教育課程であるeスクールに進学されるんだそうです!

この課程、N高校と同様に講義やレポートなどがほとんど全てオンラインで行うことができるのが特徴です。

なんとあの、羽生結弦選手も紀平梨花選手と同じeスクールに在籍しているんだとか。先輩がいると心強いですよね!

紀平梨花選手、大学でもフィギュアスケートとの両立を目指しているんですね。

早稲田大学といえば優秀な印象ですが、eスクールの偏差値はどのくらいなんでしょうか。気になりますよね。

ところが、eスクールには残念ながら学力試験がないため、偏差値がありませんでした。志望動機による書類選考と面接試験のみ実施されるんだそうです。

ですので、早稲田大学の他の学部に比べれば入学しやすく、学部も人間科学部のみだそう。

eスクール、入学はしやすいですが、卒業できるのは4割~5割なんだとか。入学はしやすいですが、卒業のハードルは高いんですね!

学費も他の学科と同じくらいかかるんだそうです。

人間科学部っていったいどのようなことを勉強しているんでしょうか?

紀平梨花選手によると、子どもの健康や生育環境が運動能力に関わることなどの授業が面白いんだそうです!また、自分の身体で実験してそれが毎日の研究につながっているんだとか。

面白そうですね!




紀平梨花の出身中学は?

紀平梨花選手の出身中学校はどこなのでしょうか?気になりますよね。

出身は兵庫県西宮市立上ヶ原中学校です!

こちらは紀平梨花選手の地元の公立高校です!

紀平梨花選手、兵庫県出身なんですね。

中学時代から、フィギュアスケートの名門である関西大学のクラブに所属していたという紀平梨花選手。当時から練習に励んでいたんですね!

紀平梨花選手は中学2年生のときにスケート協会の強化指定選手に選ばれています。当時から才能を見出されていたんですね。

また、紀平梨花選手、中学生のときにトリプルアクセルを成功させています!なんと14歳のときに成功させたんだとか。これは、当時の史上最年少の記録です!

「今日の練習はトリプルアクセルを跳んでみましょう」と突然言われたんだとか。言われて跳べてしまうってすごいですよね。

中学3年生のときには、全日本選手権で3位にのぼりつめました。こうして、今の紀平梨花選手のブレイクにつながったんですね!




紀平梨花の姉はTVに出ている?

紀平梨花さんには兄弟はいらっしゃるのでしょうか?

実は、紀平梨花選手にはお姉さんの萌絵さんがいらっしゃいます!

姉妹で「さんま御殿」での共演もしています!

お姉さん、とってもきれいな方ですよね!




紀平梨花の姉、高校はどこ?大学は?

紀平梨花選手のお姉さんは、どこの高校出身なのでしょうか。気になりますよね。

姉の萌絵さんは、高校について公表はしていませんでした。

萌絵さんは高校ではダンス部に所属し、ジャズダンスをしていたそう。素敵ですね!

そんな萌絵さんですが、エイベックス・アーティストアカデミーにも所属しているんだそうです!こちらでもジャズダンスを習っていたとのこと。

紀平姉妹がフィギュアスケートに出会ったのは、萌絵さんが7歳、紀平梨花選手が3歳のときのことだったそうです。きっかけは、家族でスケートリンクに行ったことだったのだとか。

滑る楽しさには萌絵さんの方が先にハマったそう。萌絵さんがスケートにハマり、その影響で紀平梨花選手もスケートにのめりこんでいったんですね。紀平梨花選手も5歳になると教室に通い始めました。




そんな萌絵さんですが、クラシックバレエも習っており、小学4年生のときにクラシックバレエか、フィギュアスケートかを選ばなければならなくなってしまいます。

そして、萌絵さんはクラシックバレエを選びました。自分の性格がフィギュアスケートには向いていないと感じたことがあったのだといいます。

そうして、クラシックバレエを選んだ萌絵さん。ダンスを続けて高校ではジャズダンスに出会ったんですね。

さて、萌絵さんですが、大学はどちらに進学したんでしょうか?

萌絵さんは関西大学文学部に進学しています!関西大学は偏差値60です。

また、カナダのビクトリア大学に1か月間語学留学もしています。紀平梨花選手が海外遠征を多くしている影響で、英語に興味があったのかもしれませんね。

関西大学でも萌絵さんはダンスサークルに所属していたようです。本当にダンスが好きなんですね!

そんな姉妹ですが、仲が良いのでしょうか?こんなに有名な妹を持つと、仲が悪くなってしまったりもしそうですよね。

しかし、紀平姉妹は大変仲が良いんです!SNSでもたびたび仲の良いツーショットが挙げられています。

ただ、大好きな妹が世界で活躍すればするほど、嬉しさの反面焦りもある、と萌絵さんは明かしていました。




紀平梨花の姉の仕事は?

萌絵さんは一体どんなお仕事をされているのでしょうか。

萌絵さんは、プロのダンサーを目指し、高校2年生のときにエイベックス・アーティストアカデミーの門を叩いたんだそう。

元々は中学卒業まではクラシックバレエでプロを目指していたという萌絵さん。身体のかたさを心配していたお母さんに言われるがままに始めたのがきっかけなんだそう。練習するうちに、決められた振付をベースに自分なりの表現ができるクラシックバレエにハマっていったんだとか。

そんな萌絵さんは、中学卒業まではひたすらバレエ漬けの日々を過ごしました。

しかし、高校受験を機に糸が切れたように疲れ果ててしまったんだそう。

本当にプロになれるのか不安がつのり、精神的に疲れてしまったといいます。バレエの世界は厳しいんですね。

受験勉強もあったため、萌絵さんは半年間バレエをお休みすることにしました。




そして、高校へ入学した後は、元いたプロを養成する教室ではなく、小学校時代に初めてバレエに触れた教室に復帰しました。恩師に再会したことで、萌絵さんは踊る喜びを再び感じることができました。

ちょうどその頃、見学に訪れたジャズダンス部に感銘を受け、入部します。より自由なダンスの表現性にハマっていったんだそう。

萌絵さんは就職活動はせずに、プロのダンサーを目指しているとのこと。エイベックス・アーティストアカデミーに入門してからダンスをやめたいと思ったことは今まで1度もないんだとか。強い意志を感じますね!




なんと萌絵さん、エイベックス・アーティストアカデミーでは1000人中10人の特待生なんだとか。優秀なんですね!

就職については、両親をはじめ友人や先輩など様々な人に相談したんだそうです。「1度就職しておいた方がいいんじゃない?」と言われることも多かったとのこと。しかし、「私なら、就職せずにダンスを頑張る」とお母さんの意見で迷いを断ち切れたんだそうです。子どもの夢を応援できるなんて、素敵なお母さんですね!

現在、萌絵さんは学業の傍ら飲食店でアルバイトもしつつ、レッスンに励みながら様々なイベントに参加し、プロのダンサーを目指しているんだそう。

生計を立てる方法が固定化されていないダンスの可能性は無限大、と考えているんだとか。

萌絵さんは一体どんなダンサーを目指しているんでしょうか。

ステージを観ていると、「この人、すごいな」と目を奪われる瞬間があって、そんなダンサーになりたいんだそう。そのためには、技術力や表現力といったスキルを高めていくのはもちろん、ダンスにはその日の気分や心の状態が反映されるので、人間力も磨いていきたいんだとか。

人間力、って素敵な言葉ですよね。

紀平梨花選手、そしてそのお姉さんの萌絵さんについてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

素敵な姉妹から目が離せませんね!

紀平選手について、もっと記事を読みたい方はこちらからどうぞ!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク