わたどうの和菓子が食べたい!注文するには?三堀純一「いづみや」特注商品で叶う?

こんにちは、さややです。ドラマ「私たちはどうかしている」、終わっちゃいましたね!椿(つばき)が最後に着ていたシルバーの紬、美しかった〜〜。

そして、毎回のお菓子も楽しみでしたよね。
「和菓子司いづみや」では、ドラマにちなんだ上生菓子詰合せを販売することが決定!
三堀純一(みほりじゅんいち)作、圧倒的な美しさのあの和菓子が買えるなんて、ワクワクです。




スポンサーリンク

私たちはどうかしている 和菓子監修の「いづみや」が上生菓子詰合せを抽選販売!

和菓子屋さんが舞台だから当然ではあるのですが、それにしてもわたどうの和菓子は繊細な季節感が美しくって、美味しそう!食べてみたいな〜〜って毎回思ってしまいます。

そんな、わたどうの中に登場する和菓子の詰め合わせ、監修の「いづみや」で販売したところい、あっという間に売れきれてしまいました。(それはそうですよね)

30日の最終回に合わせて、再度販売されるということです。

今回は抽選ということなので、もしかしたらチャンスがあるかも!?

「いづみや」公式Twitterアカウントの案内をチェックです!

その上生菓子詰合(じょうなまがしつめあわせ)にはどんなお菓子が?




「いづみや」の和菓子、通販で買うには?

わたどう詰め合わせの抽選に外れてしまっても諦めないで!

いづみや公式ネットショップでお菓子を購入することができます。

公式ネットショップはこちら

新型コロナウイルス感染症に負けるな企画実施中!横須賀で三代続く老舗の和菓子店です。二代目考案の銘菓「よこすか焼き」をはじめ、ニッポン全国おやつランキング第1位「かりんとうまんじゅう 黒かりん」(旧:餡菓桜)が看板商品。オンラインショッピングにて全国各地に配送いたします。現当主三代目「菓道家 三堀純一」

ただし、通常、このネットショップから購入できるのは、

「黒かりん」「栗のわ」など日持ちのするお菓子で、上生菓子は敬老の日など期間限定、数量限定でしか販売しないようです。




「いづみや」の和菓子、特注商品の注文はどうしたら?

あの美しい上生菓子を買いたい…!

それには「誂え(あつらえ)」つまり、特注でお願いするという手があります!

茶道のお茶会では、その席のテーマに合わせて、お菓子を特別に注文することがよくあります。

「もっと小さいサイズにしてほしい」

「この菓子の色を紅葉をイメージして、黄色と赤を増やしてほしい」

というシンプルなものから、

「茶会のテーマは☓☓だから、それに合わせてデザインしてほしい」

という手の込んだものまであり、職人さんが茶会に合わせて作成してくれます。

「いづみや」の特注商品は、

一番安い「業物」が¥500(税抜)からですね。
細工が細かくない=手があまりかからないものだと予想されるので、たぶんこのくらいの細工の生菓子でしょう。

20個から注文を受け付けていますから、1万円かかります。

せっかくだから、番組のメインビジュアルに使われているような、手の込んだお菓子が買いたい!と思っている方。
このレベルの細工が細かいお菓子。

これが
大業物 でしょうね
三堀さんの得意とする「鋏菊」や「針切菊」。ハサミで細い花弁を表現しているお菓子たち。

うっとりしますね〜〜

気になるお値段ですが…

「大業物」¥3000(税抜)~¥10000(税抜)

おおお、お値段もゴージャス!!

でも1個から注文できるということなので、結局はオトクかもしれませんよ。

特注商品の注文はこちらのサイトから!!




三堀純一(みほりじゅんいち)の魅せる和菓子の世界

わたどうに登場する和菓子を監修、そしてメインビジュアルに登場する繊細すぎるあのお菓子たちを制作したのが、菓道家の三堀純一(みほりじゅんいち)さん。

海外で和菓子制作のパフォーマンスをおこない、その技術と銀髪の風貌で注目を集めてきました。

これからの活躍から目が離せませんね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。



スポンサーリンク